2010年10月

キチュリー(インドのおかゆ)

キチュリーは消化がよく栄養価の高いインドおかゆ。
食欲がないときや病後の食事にとっても良いのです。
うちはもっぱら飲んだ次の日の食事として作っています。
二日酔いで胃がむかついているときでも食べ易い!!

キチュリーは穀類1種類と豆1種類で作るのだけど、
豆類は、うちでは最も消化が良く短時間で調理できるムング豆。
穀類は、は白米か玄米(炊いて保存していたもの)。

タルカでクミンとヒーングを炒めて香りを出し煮込んだおかゆに加えるので
風味も抜群でいくらでも食べれる~!!
私はショウガも加えて体温め効果アップ。
美味しいお塩(岩塩などピンク色の塩)を使えば旨味が複雑になるのでおすすめ。

<レシピ>

豆 1カップ
米 1カップ(炊いたものだったら2膳)
水 適量(濃度は自分の好みで調整)
しょうが
ターメリック
サラダ油(小さじ1)

クミンシード
ヒーング
サラダ油


レッドペッパー

※スパイスの量はお好み

<作り方>

1、水に豆とお米を入れる(豆の種類のよっては浸水させる)
2、しょうが、ターメリックと油を入れて煮込む
3、豆が柔らかくなるまで煮込む(20~30分)、水分がなくなったら足す
4、別の鍋にオイルを熱し、クミンとヒーングを入れて香りが出るまで炒める
5、煮込んだ豆&お米に炒めたスパイスを加える
6、塩とレッドペッパーで味を整える


201010301330000.jpg

関連記事
スポンサーサイト

お手軽スパイスティー ~チャイ編~

チャイの作り方や使うスパイスは本当に様々だけど、
私が習ったチャイの作り方は本当に簡単かつおいしいので是非作ってみてほしい。

~材料~

紅茶(細かく砕かれているものを使用)

牛乳

砂糖

<スパイス>
しょうが
(スライス、叩き割る、みじん切りなどで味が変わる)
クローブ
シナモン
(シナモン:柑橘系の爽やかな香りとカシア:甘く濃厚な香りがある)
カルダモン
(ホールを割って、サヤと中身の黒い粒共に使う)
コリアンダー

201010301223001.jpg

1、お鍋に鍋底から2センチくらいの水を入れて沸騰させる

2、紅茶、お好みのスパイスを入れて煮る(沸騰状態で水分が半分くらいなるまで煮詰める)

201010301226000.jpg201010301228000.jpg

3、牛乳、砂糖を加えて沸騰させる

4、沸騰した牛乳が鍋から溢れそうになったら火を弱める

5、沸騰→火を弱めるを繰り返す

201010301231000.jpg201010301230001.jpg

6、茶こしで茶葉とスパイスを漉してカップに注ぐ

201010301233001.jpg

出来上がったチャイはミルクティーというよりココアに近いコクがある。
スパイスもホールを使う方が香りが良いので試してみてください。

<ポイント>
※スパイスはホールのままでも砕いてもパウダーでも可。(お好み)
カルダモンだけは香りが良いのでホールが良い。

※豆乳を使う場合は、沸騰させないで(煮ない)温める程度。
豆乳(豆製品)にはかならずしょうがを合わせるのを忘れずに!



関連記事

インドカレー教室 in キッチンスタジオ ペイズリー

ベジタブルビーンズコース1回目(キッチンスタジオ ペイズリー )での料理教室。

メニューは、

○パニールマタル(カッテージチーズとグリンピースのカレー)
○パパド(豆煎餅)
○ダール(ムング豆のスープ)
○衣かつぎのタミル風ポリヤル(炒め物)

今回は材料も少なく、調理する時間も少なかったから
仕事帰りに家でサクッと作れるメニュー。

パニールマタルは北インド料理、衣かつぎのタミル風ポリヤルは南インド料理なので
一皿でインドの南北の味が味わえる。

パニールは、おつまみとして揚げたてに塩とガラムマサラを合えたもの最高にうまし!!
パニールマタル、厚揚げでも代用できる料理なので手軽かも。
でも、手作りのパニールのふわふわ感を一度味わうとたまらない。
この料理は材料としては特に変わったものはないのだけど、
料理の手順でコクと酸味のバランスを取る。
それが素晴らしいハーモニーを作りだすから面白い。
勉強になります!!

パパドは「URAD」という豆をペーストにして作られているのだけど、
これが建材の接着材と使われていたというからその粘り気はものすごいらしい。
これはおつまみにはもちろん、ご飯に潰してかけて食べると食感の塩気がおいしい。

ダールは、「マスール=レンズ豆」「ムング=緑豆」「チャナダール=ヒヨコ豆」など
色々な材料から作れるのだけど、
レンズ豆とヒヨコ豆は消化に調理にも消化にも時間がかかるので
どんな体質にも合う緑豆が気軽に食べれて良いらしい。
調理も簡単。
これからの季節、カレーにもダールがあるとちょっとうれしい。
濃度を調整すればスープにもなるし、ペース状にもなるからご飯、チャパティーなど
メインの穀物に合わせて作れる。
そして、玉ねぎや香味野菜を利かせるだけで豪華にもなる。
お好みの味を探求できる料理。
今回はスパイスをタルカで芳ばしく仕上げてから投入。
またひとつ道具が欲しくなりました。

衣かつぎのタミル風ポリヤルは南インド料理ということでスパイスの使い方が大きく違う。
スタータースパイスにクミンはほとんど使わない。
ブラウンマスタードと「URAD」という豆などをスタータースパイスのように使うのが特徴。
そして、スリランカでもほとんどの料理に入っていたカレーリーフ。
南インド料理にはなくてはならない材料でこの香りが独特。(苗を入手予定)
衣かつぎをさといもでも代用できるので
和風の味つけに飽きたらこちらを作るのもおもしろいと思う。

今回は、ベジタブルビーンズコース1回目だったのだけど
まだまだ奥の深いインド料理。
1年間楽しみです!!
今回はお医者様も参加していました。
毎回集う人もおもしろい。


201010262001000.jpg201010261959000.jpg
201010261934000.jpg201010261927000.jpg
201010262005000.jpg201010262014000.jpg
関連記事

HAPPY BIRTHDAY TO ME!!

10月25日でまた一つ歳を重ねました。
平日だということもあってお祝いらしいことはしなかったのですが、
主人が花束とケーキを抱えて帰ってきました。
期待していなかったので・・・うれしいものです。

なぜなら、主人には先週末にちょっと早めのお祝いに
「チャイニーズレストラン わさ 」に連れて行って貰っていたのです。
ちょっとサービス面で残念なことがあったけど、食事は美味しかったです。
特にネギチャーハン美味しかった~時間と共に味が変化していくのは面白い!

そんなことで誕生日当日は、実家からもらってきた自家栽培のお野菜でなんてこともない和食。
前日で両親がうなぎを食べに連れて行ってくれたので当日はこれで十分です。

この歳になってもお祝いして貰えるのはうれしいもので・・・
実家では、お祝いしてもらったあげく祖母にまでお祝いいただき、
自宅に帰ってきたら週末滞在していた主人の母からもお祝いがありました。
本当にありがたいものです。

当日夜には宅急便で女子美'Sのみんなからメッセージ付きのデッカイお鍋が届きました。
欲しかったものなので本当にうれしい!!
これで古いアルミ製の鍋を捨てる決心ができる・・・
(アルミの方がお湯沸くの早いんだけどね・・・・)
っと思っていたんだけど、意味不明にアウトドアとかでも使えるかも?
なんて勿体ない気持ちが出てきてしまい、ちょっと捨てるのを躊躇しています。
まあ、少しの期間置いておいて邪魔になったら捨てる予定。
これにて自宅のアルミ鍋のステンレス化計画はこれで終了。
ありがとう~♪

201010251906000.jpg201010271912000.jpg
201010252004001.jpg201010252006000.jpg
関連記事

父母の手作り!

実家に帰ってみたらお昼にお蕎麦を出して貰いました。
びっくりなことにいつの間にか父が「蕎麦打ち」を習っていたらしく
お手製の蕎麦をいただくことができました!!
蕎麦の香りといい、コシといい、文句なしに美味しかった。
残念なのはまだ太さがバラバラなこと。
そこがプロとは違うのよね。
このまま精進してもらって、年末の年越し蕎麦は手打ちで!!
蕎麦が終わったらうどんも習いたいと積極的な父に一安心。
定年まであと3年くらい???
それまで老後の楽しみを沢山見つけてほしいものです。

201010231329000.jpg

その趣味?のひとつの家庭菜園でもまだまだ夏野菜が採れています。
大きさといい、ツヤといい、売り物より美しい!!
お化けオクラ(食べれません)になってしまったり
失敗もあるそうですが、これだけ採れたら十分でしょう。
コンポストも玄米も糠も畑の栄養としてリサイクルできているようです。
こういう生活いいな~!!

現在は妹がウッドデッキ制作中。
作ることが好きな血は脈々を受け継がれているようです。

201010241744000.jpg201010241743002.jpg
201010241743001.jpg201010241743000.jpg
関連記事

MASAMI&P-CHAN HAPPY WEDDING!!

2010/10/23!
高校から(受験のための絵画教室を入れたら中学からかも!!)また一人お友達が嫁に行きました。
(でも、入籍は2年前・・・・)
縁があるようで、私も同じ日に結婚式を挙ていました。
懐かしい。

パーティーは白金にある昭和初期建てられた洋館の一軒家「甚夢迎賓館」で行われました。
個人のお宅を訪ねたようなアットホームなパーティー。
生バンドの演奏と洋館の雰囲気がとっても合っていました。
衣装もレトロシックで本当に素敵!!
とっても綺麗でした。

どのバンドの演奏も素敵でしたが、
彼女の妹がボーカルを務め、姉のために書き下ろした曲には涙が止まらなった。
9年前にお母様を失くしてから姉妹二人でがんばってきたこととか
なんか姉妹の愛情と絆を感じました。
本当に素敵な妹を持って良かったね。

そんな結婚パーティーであり、おしゃれな空間ではあったのですが、
私たち仲間は一つの部屋に居座り・・・
ビールからワインなどボトルキープして
居酒屋状態で楽しんでいました!!
それはそれで楽しかった~。
彼氏のいない友達に男性を紹介しようと躍起になる男友達たちには閉口。
年と重ねると女性も厄介だけど、男性も厄介です。
紹介される本人の意思はそこにはなかった・・・。
まあ、良い出会いがあれば最高だけどね。

もちろん二次会はお決まりの「CIRCUS」
ぐだぐだ飲みながら、会場で声をかけた男性を呼び出してみたり・・・
呼び出したけど帰らせてみたり・・・
みんなやりたい放題でした。
なぜか花嫁だけ駆けつけてまた乾杯。
すっかり飲み足りない花嫁はそのまま居座ったそうです。
(お先に失礼しました!!)

なが~い一日だったけど、バカみたいにおもしろいメンバーがいつもいることに
幸せを感じた日でした。

改めて、雅美&ぴーちゃん、おめでとう!!


201010231641000.jpg201010231738001.jpg
201010231726000.jpg201010231911000.jpg
関連記事

マウスピース

昔から歯並びが良かったし、歯も丈夫だったので
この年齢になるまでそれほど歯に関して問題を持ったことはなかった。

数年前から母の下前歯がストレス?歯軋り?噛み締め?によって
半分くらいにすり減っていた。
年齢によるものだと思っていたのだけど、
意識して自分の歯を見てみると、私の歯にも同様な変化があるように思えた。
でも、今まで歯医者に行っても問題にもならなかったし、違和感もない。
意識してから1年過ぎて、最近、下前歯がちょっと欠けていることを発見。
これはちょっとヤバい?!

今まで通っていた歯医者のお医者様が病気?で復帰しないようなので
近所の方に教えてもらった歯医者へ。
家から徒歩数分。
とっても便利。
土曜日もやっているので通うこともできそうなので、
とりあえず歯のすり減りについて相談へ。
歯型を取ってみて見るとやっぱりすり減っていました。
歯並びが良いのでキレイに真っ平ら。
このままだとやっぱりどんどん減っていき、
そのうち奥歯にも影響があるという。
奥歯まで影響が出ると歯茎にも影響があるという。
っということで矯正のマウスピースを作ることに決定。
噛み合わせの調整にもなるので今後のためにも良いらしい。
寝るときだけじゃなくて日常的にも使って良いみたいなので
家でご飯後に装着して慣れさせている最中。


歯軋り、噛み締めって自分ではそれほど意識しないけど
結構色々と弊害があるので気をつけた方がいいらしい。

今回はお医者様も丁寧な方で色々相談にのってもらえて良かった。
お医者様曰く、自分から歯が減っていると気づいて来る人って少ないらしい。
症状(顎が痛い、歯茎が腫れるなど)があってから来る人がほとんどで
症状が出てからだと処置も大変だそうです。
友達にも歯の神経を何本も抜いた人がいました。
気をつけないとです!!

歯といえば親知らずも生えているのだけど、
どうしても怖くて抜けない。
虫歯になるまで放置しておく予定。
虫歯になってどうしようもなくなったら抜く決意もできるだろう。
意外とびびりー。

歯歯1


関連記事

ダルバート at NEPALICO

かれこれ10年前にネパールを訪れた。
社会人になって2週間も休めたのは奇跡だったかも。

日本でも大柄の私にはネパール人の小柄で
それぞれの部族の民族衣装を着た人々のある風景には
ちょっとしたカルチャーショックを受けた記憶がある。

西洋人も日本人も含め観光客はそれほど多くなかった。

道のいたるところに神様がいる風景。
ストゥーパに揺れる色鮮やかな旗。
小さく屈まないと入れない間口のお店。
数十円で食べれたダルバート。
カトマンズからポカラへの移動で使ったセスナの恐怖。
2週間も滞在したのに拝めなかったヒマラヤ。
山道で出会った好奇心旺盛な子供たち。
いつのまにか膝下がヒルだらけになってトレッキング。
寒さに震えて眠れなかった山小屋。
素朴で控えめだけどどこか人懐っこい人々。

数年後に妹が同じ場所を訪れた。
まったく変わっていない風景。
時間軸は違うけど、同じような体験をしたのが
とっても不思議で面白かった。

その妹も仕事で来週末からネパールへ。
もうかつてのネパールではきっとないと思うけど
新たしいネパールを体験して土産話を持ってきてくれるでしょう。

そんなネパールな気分だったので、
9月にオープンしたお店「NEPALICO」へ。
ダルバート専門店。
ダルスープ。
本場ものの味です。
懐かしい!!
トマトのアツァール。
生のトマトにスパイスを加えてあるようで
混ぜて食べるとアクセントになって良い仕事してくれます。
ライス&ダールはオカワリ自由!
直後のチャイも美味しかった。
私がネパールで買ってきたグラスと同じもので提供されました。
最近使っていなかったので久々に登場させよう。


201010221244000.jpg201010221223000.jpg201010221237000.jpg
関連記事

ジュリークフリーク!!

やっぱり浮気しても戻ってしまうのは
それだけ愛着があって良い仕事をしてくれるパートナー。

まあ、それは化粧品においてなのだけど・・・

私の最愛のパートナーはジュリーク。
オーストラリアのコスメ。
この国は紫外線量が半端なくて、子供でも外出の時には
SPF 50クラスの日焼け止めが必要だし、
アトピー性皮膚炎の子供の割合がものすごい高い、
なので、自然派コスメと言われるものが多いのが特徴。
どこまでを自然派コスメと定義するのは難しいけど・・・

私の場合は、海外コスメが合わない場合が多いので
あまり手を出したりしないのだけど、
ジュリークはそんな私にも問題なく使えました。
最初は、レクキューコスメとして名高いCalendula Creamに手を出して
その良さを実感。

「カレンドラ」は、キンセンカ、マリーゴールドとも呼ばれるキク科の耐寒性の1年草。
カレンドラに含まれるカロチンやカロチノイドの色素は黄色の着色料として
食品の色づけに利用されていて、ハーブティーとしても人気が高く
古くから薬草や料理用に使われています。
そして、カレンドラの効能には消炎、創傷治癒作用があり、傷、湿疹、ニキビ、皮膚炎などの
皮膚トラブルを癒し改善してくれます。

調子が悪いときは絶対に使うし、手放せない。

Calendula Creamからジュリークコスメ愛用しているのだけど、
問題はお値段が高いこと!
国内コスメの値段くらいで商売してくれないかな?
それでも使って良い効果があるとついつい手が伸びてしまって・・・。
私の中で贅沢して良い部位。
目元、手元に投資。
目元:Wrinkle Softening Cream、 手元:Rose Hand Creamに続き
この秋、とうとうジュリークHabal Recovery Gel をゲット。
美容液!!
もう部位では物足りなくなりました。
値段=効果になるかはこれからのお楽しみだけど、
ちょっと秋の夜長に贅沢な美容液。

本当に女性は手間もお金もかかるわ。

201010162025000.jpg



関連記事

アーユルヴェーダマッサージ

素敵なマンションの一室の個人サロン「アユールガーデン」
今回で二度目。
二度目でも、カウンセリングに時間かけてくれます。
最近の体調などをチェック。
前の日にずいぶん飲んでしまったので、今回はデトックスメイン!
オイルもハーブティーも全部デトックスの強いものでお願いしました。
最初にいただくハーブティーですでに発汗。

<アビヤンガ100分>15000円。
アビヤンガとはアーユルヴェーダの全身オイルトリートメント。(本当に頭から足先まで全部)
頭皮→耳→背中→腕→脚→胸部→腕→お腹→脚→顔。

今回は、前回指摘されていたコリが多い場所の背中、肩を中心に施術してもらったのですが、
意外と腰が張っていました。
自覚ないけどマッサージ始まると私が意識していないポイントを的確にマッサージしてくれます。
完全にお任せです!
適度な強さのマッサージで体のコリを解してくれます。
ゴリゴリと音がなっていた場所もそのうちに柔らかくなっていくから不思議。
なんでも滞るのは良くないんだと体で実感。
コリがほぐれると本当に体がどんどん軽くなってきます。
背中側って絶対に自分でできない場所だけに至福の時間。

終わってからハーブティー(ジェニパーベリー、ローズマリー、フェンネル、オレンジピールなど)
をいただきながら体についてのアドバイスや食事の食べ方など興味深い話を沢山していただきました。
本当に気さくな方でリラックスできます。
※ジェニパーベリーはデトックス効果の高いハーブなのでむくみとか強い方には良いらしい。
脂肪沈着を防止/消毒・消化作用、ニキビにも効果的、利尿・解毒作用 (腎障害の方はNG)

結局訪れてから帰るまで4時間ほど経過していました。
月に一回の楽しみとしてちょっと通ってみたいと思います。

日々は、最近買った「草刈メソッド」でストレッチ。
なんもしていない体には初級編でも十分です。
続けることが大切!!


201010090015000.jpg
関連記事

onaka-store OPENING PARTY!!!

「onaka store」のOPENING PARTY!!!
とうとうこの日がやってきました。
私としては初のカレーケータリング。

今回のメニューは
○ひよこ豆のカレー
○南インド風キーマカレー
○茄子とトマトのカレー
○オクラのサブジ
○ジャガイモのサブジ
○大根のサラダ

家で作るカレーの量とは大違いなので素材の量にびっくり。
まるで給食。
材料が増えるとかかる時間もかわるので、朝8時に起きて仕込み開始。
圧力鍋2台をフル活用。
あって良かった~~~♪
道具は命。
ああ、広い台所がほしいと改めて思いました。

出来上がったカレーたちは、皆様に気に入っていただけて本当に良かった。
また機会があればやろうと思います。

201010101255000.jpg


onaka-store OPENING PARTYも大成功だったようです。
沢山の人が来てくれて人がお店から溢れていました。
朝降っていた雨も止んで~~お天気にも恵まれて良かった。
子供も沢山!!
私も色々な人たちとお話できて楽しかった~♪

onaka-storeのこれからの発展と
cuicui おくむらさーこさん&シラカワエリコさん、
イラストレーター ナカオ☆テッペイさん達のこれからの活躍を楽しみにしています!!

また何かあったら誘ってね~♪

201010101701000.jpg201010102116000.jpg201010102117000.jpg201010101707000.jpg201010101745000.jpg201010101542000.jpg201010101546000.jpg201010101542001.jpg201010101525000.jpg201010101528002.jpg201010101528000.jpg201010101654000.jpg




関連記事

自宅でチャパティ。

とうとう、木製チャクラ&ベルナセットと鋼鉄製のチャパティパンを購入!
自宅でも気軽にチャパティーを作ることができるようになりました。
やっぱり道具から入ってしまうのよね~。
でも、やっぱり専用だからとっても使いやすいです。
鋼鉄製のチャパティパンなんて一生ものです。
大切に育てていきます。

教室のチャパティパンとはちょっと違うものなので、
1枚焼くごとに習ったことを思い出し、カンを取り戻していくことができた。
やっぱり経験を積み重ねないとインドのお母さんのようにはできないでしょう。
チャパティがプーっと膨らむところは本当に面白い。
そして、全粒粉(アタ)の芳ばしさはカレーに本当に合うと思う。
消化も良いし、宿便を絡め取って排出してくれるから便秘症の人にも良いらしい・・・。

今回はチャパティメインだったので、
カレーはそれに合わせてヒヨコ豆のカレー。
お豆は水から戻すと手間だけど、缶詰より断然おいしい!
今回はトマトがなかったので、トマトジュースを代用したのだけど、問題なし。
夏場は良いのだけど、秋からは良いトマトが手に入りにくいからちょっと大変。
うまく代用品を見つけることが大切。

そして、改めて淡路島産の玉ねぎが良い仕事をしてくれる。
うま味成分が多いのかな???
コクが出る。
シンプルな味のものこそ、素材の持ち味が生かる。

美味しかった~~!!

201010031829000.jpg201010031901002.jpg
201010031901000.jpg201010031901001.jpg

残ったカレーでカレーパン。
チーズとカレー味って合うよね~。

201010051220000.jpg


※10/10(日)に「onaka store」のオープニングでカレーのケータリングします。
ぜひ興味のある方はご来場ください。↓

--------------------------------

Onaka-store オープニングパーティー
日時:10月10日(日)
時間;15時スタート(~19時くらいまでだらだらとやってます)
料理:youme-worksによる4種のインドカレー
   新丸子にあるカフェHana Cafe nappa69によるケータリング

会場装飾:
ナカオ☆テッペイとcui cuiによる
onaka-sotre CAMP!!の装飾&展示を行います。


先着?名様になってしまいますが、ささやかなプレゼントや
おいしいお料理とお酒(お子様にはジュースを!)をご用意してお待ちしておりますので、
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

--------------------------------

関連記事

WAKA & TAT結婚パーティー in 天命反転住宅

WAKA & TATの結婚パーティーin天命反転住宅。
結婚式は那須高原の二期倶楽部で行われたのですが↓
「WAKA & TAT の結婚式」
今回は気の置けない友達を招いての披露宴的な集い。

場所は武蔵境にある「天命反転住宅」。
面白い建物です。
二カ所の部屋を貸し切りホームパーティースタイルで行われました。
食事もほとんどが彼らの手作り。
夜なべして作ったなんて本当に偉い!!
準備のお手伝い、ちょっとアタフタしたけど
お客様が集まるときにはほとんど完成できました。
良かった~~!!
私が焦った。
貢献できたかな?
手作りのお食事も美味しかった。
主役の二人はお疲れ様でした。
(メインは旦那様かな??ノンアルコールでテキパキ動いていて感心しました。)

久々に会う同級生もいたり・・・最後は同窓会的な雰囲気。
やっぱり女子美卒業の人って晩婚多いのだけど、
ご多分に漏れず私たちの半数はまだ未婚でした。
まあ、人生色々。
パワー全開の女子は強いです!!
集まるとなんか高校生な気分を思い出しました・・・。
みんな全然変わっていないんだもん。
こういう感じで高校生活おくれていた自分は幸せだったなと改めて思いました。

お昼から飲み始めて、夕方から結局2次会に移動して、延々と飲み続けました。
ゆっくり飲んでいるからそれほど酔っぱらわないけど、さすがに帰りの電車ではぐったり。
帰ってからウコン飲んで即寝でした。

充実した一日。

改めてWAKA & TATおめでとう!!
末永くお幸せに~。


201010021252000.jpg201010021252001.jpg
201010021253000.jpg201010021254000.jpg
201010021300000.jpg201010021259000.jpg

※三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller は、
芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる
世界で最初に完成した「死なないための住宅」です。
この全部で9戸の集合住宅は、内外装に14色の鮮やかな色が施され、
一部屋一部屋の色の組合せが全く異なることから
「極彩色の死なない家」(瀬戸内寂聴氏)として、
東京西郊外の三鷹市のランドマーク的存在にもなっています。

2ldk.jpg
3ldk.jpg
関連記事

手前味噌

今年の二月に仕込んだ手前味噌が完成。
ちょうど良い熟成具合なので、袋詰めして冷蔵庫へ。
これからはゆっくり熟成していってもらいます。

それにしても家中お味噌の良い香り。
まったく手間暇かけてないけど、カビも生えずに良く育ってくれた!!
いい子です。

味見はこれからなので楽しみ!!

201010040112000.jpg201010040123000.jpg
関連記事

インドカレー教室 in キッチンスタジオ ペイズリー

5回目のキッチンスタジオ ペイズリー での料理教室。

メニューは、

○チャパティー
○パランタ(砂糖とシナモン入り)
○パニールムグライ
(パニールを使った見た目スパイシーなゴーヤチャンプルー)
○ヨーグルト風味のチキンカレー
○ムーリーカス
(インド風のなます)

今回のチャパティーは、プーリーを事前に習っていたので作り方自体は一緒なんだけど、
チャパティーを膨らませる技術をじっくり学べた日でした。

インドのお母さんは毎食焼いているからお手の物だろうけど、
私なんて前回のプーリーもまだ家で再現していないありさま。
ちょっとしたコツで本場とかわらない味を再現できるのがうれしい。
料理って結局のところ、「コツ」だと思う。
それって料理本なんかには書かれていない些細な事なんだよね。
でも、それを知っているのと知らないのでは大違い。
忘れないうちに際限しないと!!
パランタも具材を変えると如何様にも変化するので
ちょっと色々試してみようと思う。

そして、パニール。
今まで作ったことがあったけど、
いや~あんなにガシガシ洗うなんて知らなかった。
そのひと手間で風味がかわることに驚き。
牛乳残ったときは是非作って置こう!
チーズ買うよりお安くていいわ。

ムーリーカス(インド風のなます)も、もしかしたら
お正月に出しても変化があって良いと思った。
同じような食文化があるのが驚きだけど、
スパイスひとつで味つけひとつで幅が広がることに改めて感心。

今回でやっと5回のビギナーズコース終了。
これから1年に渡ってベジタブル&ビーンズコースを学びます。
季節のお野菜とスパイス使いがじっくり勉強できるので本当に楽しみ♪

そして、待っていました!!
香取 薫先生の新刊「アーユルヴェーダ・カフェ」サイン入り本をゲットしました。
日常的に使えるスパイスの数々。
アーユルヴェーダの視点でレシピが考えられています。
日常的にこういう知識を使えると本当にいいな~っと改めて思いました。


201009291933000.jpg201009292044000.jpg
201009292049001.jpg201009291942000.jpg
201009291951000.jpg201009292009000.jpg
201009292005000.jpg201009292019000.jpg
201009292039000.jpg201009292039001.jpg
201009292056000.jpg201009300018000.jpg

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。