2011年02月

soi at module(DISC SHOP ZERO出店)

低音事始に続く「Soi」の2011年二発目のパーティーは、
2つのクルーとのダブルコラボパーティー。

今回は下北沢にある「DISC SHOP ZERO」が初出店!
ZEROのブログには最新情報あり。)
HP上では、Soiクルー&drzクルー各人にZEROのストックから選んでもらった
オススメ盤の画像のみを見ることができます。
どれがどのメンバーのオススメかは会場でのお楽しみになるので秘密らしい・・・。
会場ではメンバーによるコメントも読めるほか、試聴、もちろん購入も可能。
前もって予約すれば出前してくれるようです。

どんな一夜になるのか楽しみ!!


soi_convert_20110223184437.jpg


関連記事
スポンサーサイト

【SUMAU nani IRO】【nani IRO BASIC】の展示会

SUMAU nani IROとnani IRO BASICの展示会に代官山の「cocca」に行ってきました。

毎年「nani IRO」の新作が出るのがすごい楽しみ!!

きっと生地というモノが好きなのは、
小さい頃から母がパッチワークや洋裁をして、家には沢山の生地があったからだと思う。
端切れで妹とバービーの洋服(輪っかに縫ってゴムを入れただけのスカート・・・)作ったり、
巾着を作ったり・・・ミシンの針を折ってよく怒られました。
そんな環境から小学校での夏休みの自由研究は手芸系が多かった記憶があり。
刺繍、パッチワーク・・・最後は母に手伝って貰って仕上げていたような・・・。

もちろん服や小物などに加工しなくても生地を眺めているだけで楽しい。
今でも沢山の生地が実家で出番を待っています。
遺伝的にかわいい生地を見つけると買わずにはいられない。
買ってはせっせと実家に運び入れています。
そして、素敵な型紙を見つけたときには母に!!作って貰います。
なんでもプロに任せた方が綺麗に仕上がるので・・・頼りっぱなし。
そして、どうやら私の服を作った端切れから姪っ子の服を作っているようです。
なんて!!贅沢な子!!!

今回も素敵な生地を3種類ゲット。
どんな洋服を作って貰おうかな~~~楽しみ♪

rps20110224_201015.jpg







関連記事

南印度料理「サンバール」

「サンバール」は南インドで食べられるスパイスを使ったスープ。
キマメと野菜を煮込んで作られる。
使われる野菜は季節のものが多く、ナス、大根、オクラ、カボチャなどといった様々なものを単独で、
または適宜組み合わせて使用する。
ライスとの相性がよく、ほぼ毎食といっていいほどに供される。
また、ミールスやドーサといった料理にもサイドディッシュとして出てくる。
日本でいえば味噌汁のような存在である。

By wiki

っということでサンバールを作ってみました。
今回の具材はレンズ豆、大根、きゅうり。
まあ、冷蔵庫に残っていた残り野菜を使って!っという感じです。
味噌汁のような存在といいつつ、
日本で味噌汁をご飯にかけて食べること(美味しいけど!)は人前でできる行為ではないけど、
インドはジャバジャバライスにかけて混ぜまくって食べれる!!
素晴らしい~!!!
ジャブジャブかけるために大量仕込みにしました。

rps20110222_210903.jpg

今回はその他に
春菊のポリヤル。
玉ねぎのアチャール。
砂肝とインゲンの塩レモン煮。

rps20110222_210833.jpg
rps20110222_210927.jpg

どれもうまし!!
サンバールに入れた大根ときゅうりが美味しい!
きゅうりって生より煮込む方が好きかも。
大根特有の臭みもきゅうりの青臭さも無くなっていたのでとっても食べやすい。
おかわり、おかわり。
どうしても食べ過ぎてしまう・・・。
でも、それはインド料理。
消化を促すスパイスが入っているので胃もたれすることはありません。
どこまで体に優しいの?!

そうそう、サンバールに入れるタマリンドには整腸作用があるようで
次の日は朝からすっきり間違いなし!!!

rps20110222_210809.jpg




関連記事

漫画部発足?!

漫画部発足第一回目会合。
友人宅に漫画&食べ物飲み物を持参の上で集合。
マスコット達がお出迎えしてくれました。
(うちのマスコットもちらりと混ざっています!!<ブチ犬)

rps20110221_125905.jpg

とりあえず、漫画は置いておいた持ち寄った美味しい食事とお酒で乾杯。
じわじわと人が集まってきました。

rps20110221_130233.jpg
rps20110221_125844.jpg

紅茶豚はさっぱりしてうまし!

rps20110221_130052.jpg

漫画もずらり!!!

rps20110221_130002.jpg
rps20110221_125940.jpg
rps20110221_130030.jpg

漫画お披露目会をしつつ、読みたいものをそれぞれチョイス。
自分が持っていない漫画が沢山あるので悩みます。
読みたい漫画いっぱい。
(基本的に完結しているものを読むということだけは決めていました。)

・・・・が、結局14名ほど集り、漫画部以外の方たちの勢いで?!飲み会と化してしまいました。
完全にカオス!
それはそれで面白いのですが・・・。
その中で漫画を読むことはかなりの試練。
集中力が試されました。

rps20110221_130136.jpg
rps20110221_130200.jpg

雑音多い中、気合いで

「花のズボラ飯」
「雨無村役場産業課兼観光係」①-③
「星守る犬」

を読完。

「星守る犬」は・・・犬を飼ったことがある人にとってはグッとくる漫画だと思う。
飼っていた犬との記憶と重ね合わせて読んでしまう。
愛犬マリン・・・彼女を妹が連れ帰った日からの日々を思いだしました。
享年18歳。
死んだと実家から連絡があった数時間前(朝方)に
自宅二階寝室のベランダからマリンが付けていたドックタグの鳴る音が聞こえたことは今でも忘れられない。
きっと最後に会いに来てくれたんだよね。

犬関係弱し!!!
そして、この漫画は今年の6月に映画化されるようです。
映画館で観ることはないと思うけど・・・DVDで観てみたい。
漫画通りにムクムクの犬が出てくるのかな???


今回の教訓:漫画部開催にあたっては、少人数で静かな環境作りをモットーにしましょう。

関連記事

小石原ポタリー展 in spiral

平日のランチタイムに友達と「ナプレ 」に待ち合わせして、PIZZAで腹ごしらえをして
「小石原ポタリー展」 in spiralへ。

小石原ポタリーは、フードコーディネーター・長尾智子さんと小石原の14軒の窯元がつくった器たち。
今回は毎日の食卓を賑やかにする、存在感たっぷりの大ぶりの器4アイテムが新たに加わわったようです。

20110215_145234.jpg
20110215_145159.jpg

当初は小さなボールを買う予定でしたが何度も悩んだ挙句、大皿を一枚購入。

20110215_201900.jpg

すでに自宅にある小皿。

20110215_201833.jpg

少しずつ増えていく食器にご満悦。

当日はspiralの1Fで専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジの
「ジュエリーコース&ウォッチメーカーコース 卒業制作展」がやっていたので覗いてみました。
卒展ということもあって実用的なものよりアーティスティックな作品が多かった。
この中から将来有名になる人もいるんだろうな~!!
がんばってほしいです。

20110215_145137.jpg
関連記事

ジョグ in 江戸川河川敷

スキー後、筋肉にならなかったことをいいことに調子にのって妹のジョギングに付き合うことに。
母もちょっと河川敷まで歩くというので出かけようとしたら・・・
お邪魔虫?に姪っ子が実家に登場!
自分も行きたいというので連れていくことにしました。
出発して少ししたら歩幅の大きさの違い?(体が重いから?)で歩くだけでもついて来れないので
私と妹組と母姪っ子組に分かれて江戸川河川敷へ。

三連休唯一の快晴!!!
富士山もスカイツリーもばっちり見えました。
私たちは、江戸川沿いを10キロラン。
天気が良いけど、風が冷たい。
久々のランなので体が重いです。

母と姪っ子は江戸川到着後、矢切を渡しで葛飾区へ。
帝釈天をお参りして、姪っ子は水あめをゲット。(歩いた意味なし)
柴又から電車で帰路へ。
あまり運動にならなかった模様。
どうやら徒歩中にガムで風船を作る技を覚えたうようです。
こういうことはすぐに覚えるのかも?!

20110213_155013.jpg
20110213_154912.jpg

江戸川沿いを追い風で走っているときは良かったのだけど、
折り返して向かい風になった途端にペースダウン。
ちょっと厳しいので住宅街に戻り、近くのジュンサイ池のある公園経由で帰ることになりました。
ジュンサイ池のある公園には梅園があるので丁度咲き始めかな?と思い行ってみたら
やっぱり梅の花が咲き始めていました。
この状態でも梅の香りが漂っていたので満開になったらすごいことでしょう!

20110213_154737.jpg
20110213_154833.jpg
20110213_154804.jpg

ウォーキングを入れて12キロくらいかな?
久々のジョギングはスキーより疲れた~!!
明日には筋肉痛間違いなし。

家に到着したら父がお昼にうどんを作ってくれていました。
冷えた体にナイスなチョイス。
ありがたや~。

そして、食後に追加で宇都宮餃子味のポテトチップを姪っ子と争うように食べました。
(うどんを完食しないとポテチ禁止と姪っ子言ったら、ものすごい勢いでうどんを流しこんでいました。)
血は争えない・・・。

教訓:運動してもそれ以上のカロリーを摂取してはいけない。
関連記事

イチゴ狩り

6時起床!!
・・・と言っても前日は8時半には寝てしまったので睡眠時間はばっちり。
朝風呂もじっくり入れました。
やっぱり気持ち良いよね。
ただ、あまりにも早かったためか?温泉の温度が高温すぎて適温まで下げるのに
裸で湯もみは辛かった。

夜中に雪が降り積もったらしく、全てものが真っ白に覆われていて、
雪国の景色はうっとりするほと綺麗。
ここまでの雪景色が初めてだった姪っ子は車から必死に外を眺めていました。
スキーといい良い体験ができたようです。

2011021209570000.jpg
2011021208410000.jpg
2011021209560000.jpg

朝食を済ませてからイチゴ園へ移動。
初?!イチゴ狩りです。
ビニールハウスの中はイチゴの香りでいっぱい。
イチゴ風味の空気だけでも美味しい!!

イチゴは香り高く、ものすごい甘くてジューシー。
売っているものとは別ものでした。

朝食を消化しきれていないお腹だったわりに42個も平らげてしまいました。
一個一個が大きいのですごい重量になったはず。
恥ずかしいくらいに食い意地が張ってます。
姪っ子も20個くらい食べていました。
血は争えない。

2011021215170000.jpg
2011021215140000.jpg
2011021215150000.jpg
2011021215160000.jpg
2011021215160001-1.jpg

イチゴ園の近くの「道の駅」で地野菜ゲット。
どれも新鮮でお安い!!
珍しい野菜もあるのがうれしいです。

「道の駅」の広場に雪が積もっていたので雪遊び。
父と兄で必死で大きな雪のトンネルを作っていました。
それをしぶしぶ潜る姪っ子。
子供ながらに気を使っているようでした。
1人っ子は意外と大人への気遣いがあるようです。

私は雪ダルマ作り。
サラサラの雪で雪だるまを作るのって大変なのね!
私が作った雪だるまに姪っ子が「ユキちゃん」と名付けていました。
(姪っ子にユキちゃんを抱っこさせたら、食べていました。可愛さあまって?!どこまでの食い意地?!)
大きい雪だるまは「ミユちゃん」。
地元では雪なんて積もらないから、こういう遊びは楽しくてしょうがないみたいです。
私が小さい頃は千葉でも雪が積もったので雪だるまを作ったり、かまくらを作って犬小屋にしてみたり・・・色々遊べた記憶があります。
やっぱり温暖化しているのね。

248_1_2011021215190000.jpg
2011021215230000.jpg

雪遊びでイチゴを消化した後は、「とらや分店」へ。
白河ラーメンの名店として名高い「とら食堂」さんの分店です。
太目の喉ごしの良い、ツルツルシコシコ手打ち麺。
さっぱりした醤油スープは最後まで飲めるくらい上品で美味しかった。
餃子も野菜多めでうまし!
12時前に入店したのがラッキーだったようで食べている最中に行列ができ始めていました。

2011021215190001.jpg
2011021215220000.jpg
2011021215210000.jpg
2011021215210001.jpg

食後に「那須ガーデンアウトレット」へ。
御殿場や軽井沢のアウトレットよりコンパクトなので見やすい。
動物ふれあい広場では「那須どうぶつ王国」から犬とアルパカが出張していました。
初アルパカ!!
毛並みがふわふわ~。
うるっとした大きな瞳がかわいい。
小型サイズがあるならぜひ飼いたい。
久々に犬と戯れて癒されました。
秋田犬の耳の厚みには衝撃!!!
柴犬の比ではないのね。

アウトレットで洋服などをゲットしてやっと帰路へ。
渋滞に巻き込まれないように早めに出発したので
渋滞ゼロで行きより帰りの方がスムーズでした。

夕食は那須塩原で調達した野菜を中心にお料理。
大量のクレソンのサラダは美味しかった。
サラミとチーズ、そしてワインで夜は更けて行くのでした。
結局自宅に帰ることは断念して実家でもう一泊してしまいました。
関連記事

スキー場ハンターマウンテン塩原

姪っ子のスキーデビューに付き合って、
首都圏最大級のスキー場「ハンターマウンテン塩原」へ行ってきました。
実家(千葉)から近い!!
朝4時に出発して3時間くらに到着できる使い勝手の良い場所にあります。
今回は天気が良くてスキー場まで普通のタイヤで行けました。
(基本的にはチェーン必須)
これなら日帰りも可です。
午後に向かって曇ってきたけど、日焼けしたくない私にとっては好都合。
晴天の雪山は夏の海より紫外線量が多いですから~。
雪質も最高!
雪の結晶が肉眼で綺麗に見えし、パウダースノーなのでウェアが湿ることもなかったです。

今回は十年ぶりくらいのスキーだったのでちょっと滑れるか不安でしたが、
初級-中級コースメインに無理せずにいたのでコケルこともなく快適に滑走。
スキー楽しすぎる!!
かなり面白い!!
なんで十年くらい雪山から遠ざかっていたのか自分でもわからないです。
来年も必ず行く!!

20110212_225708.jpg
20110212_225601.jpg

そして、運動した後の生ビールは最高!!
ぬるくなる心配のない気温なので最後まで美味しくいただけます。
極寒なんだけど、ビール美味しいのよね。

20110212_225448.jpg

駐車場に止めてある車にはこんなに大きな氷柱がいくつもぶら下がっていました。

20110212_225625.jpg

スキーもちろん面白かったけど、
キッズパークにあるソリも面白かった。
昔ながらのソリもあるのだけど、二人乗りのハンドルが付いた進化系ソリは大人でも楽しめます。
このスキー場は子供用の施設が充実していているので親子連れには最高!
ただし・・・色々お値段が高いです。

20110212_225758.jpg

夕方になる前に後ろ髪を引かれつつ(14回くらいリフトに乗って滑れました)
老人(両親)と子供が一緒なので早めに温泉宿へ。

今回のお宿は、スキー場から近く、乳白色の天然硫黄泉が自慢のお宿「湯荘白樺」
浴露天風呂は七福神の湯と言われていて、万病に効果があるそうです。
飲泉もでき、味は単純酸性硫黄温泉だけあって、ちょっとすっぱい。
体に良いものと聞けば無理してでも飲みます。
それにしても硫黄泉は温まる~。

2011021208430000.jpg
2011021208420000.jpg

お宿の裏には源泉から湯気がもうもうと上がっています。
温泉神社もあったけど、雪のためお参りはできませんでした。

2011021208400000.jpg
2011021208390000.jpg

お宿で源泉の底から汲み上げた成分の濃い「湯泥」もゲット。
これは自宅で楽しむ予定。
パックして使うものらしい・・・。

20110214_091201.jpg

早朝から車で移動して夕方までスキー、そして温泉。
みんなぐったり。
8時半には消灯。
あっという間に夢の世界へ旅立ちました。

関連記事

ラ・ストラーダ

近所にある「ラ・ストラーダ」
実は料理人も通う隠れた名店。
イタリア各地の伝統的な地方料理や色々な種類の手打ちパスタが食べれます。
内装も含めてとってもカジュアルなので使いやすいお店。

今回は休日ランチセットをいただきました。
お昼から、店オリジナルのビールで乾杯。
芳醇な香りのビール!
わざわざオリジナルビールを作っているこだわりもグッド!!
前菜の盛り合わせとの相性も抜群でした。

そして、プーリア地方のオレキエッテパスタが手打ちで食べれる!
テンション上がります。
他にもラグーソースのタリアテッレ注文。
食感がそれぞれ違うので面白かった。
やっぱり乾麺とは違う美味しさ。
家でも手打ちパスタ作りたいな~。
とりあえずパスタマシーンが欲しい!!

20110206_044900.jpg
20110206_044927.jpg
20110206_045013.jpg
20110206_044949.jpg

数日後にディナーで再訪問。
土日の混雑がないのでのんびりお食事できました。
メニューもマニアックなものが多くてかなり迷います。
そして、もちろんどれも美味。
お気に入りのオレキエッテパスタはマスト!
やっぱりこのもっちりな食感はやめられないとまらない。
デザートまで食べたらお腹いっぱいです。
サービスで食後酒(ミカンとレモンクリーム)も手作りらしく、
香りといい味といい美味しかった。
シェフのイタリア料理への探求心をしっかり味わえるお店。
足繁く通ってしまいそう。
まあ、近所だしコスパいいしお世話になります!!

20110208_232502.jpg
20110208_232442.jpg
20110208_232418.jpg
20110208_232358.jpg
20110208_232332.jpg
20110208_232307.jpg
20110208_232222.jpg
関連記事

初!マトンカレー!!

「グリーンナスコ」でゲットしたマトン1キロを使ってカレー作り。
家でマトンカレーを作るのはお初。
マトンの臭みを消すために使うスパイスの量には今更ながらびっくり。
リッチなレシピだし、マトンを柔らかく食べるために煮込む時間も長いので
ちょっと手間のかかる料理でした。

今回のメニューは、

○マトンカレー
○ムングスープ
○小松菜のサブジ
○ライムのチャツネ
○チャパティー

マトンカレーの煮込む時間があったので、アタ粉からチャパティー作り。
こちらもちょっと手間だけど、パンを作るよりはラクチン。
インドの主婦は毎食チャパティーを練って焼いているかと思うと頭が下がる。
出来立てのチャパティーにギー!
それだけでも実は美味しい。

今回のマトンカレーのお味ですが、
手間をかけたマトンカレーは本当に本当に美味しかった。
評判も良かったです。
大満足。

マトンは冷凍庫で常備しておきたい食材へ。
でも、そのためにまた大久保へ買い出しか?!
近所のスーパーで気軽に売ってもらいたいと切実に思う。
そうすればいつでも美味しいマトンカレー食べれる。

※ほとんど肉を食いつくしたマトンカレーに水分とゴロゴロ野菜を加えたら
シチューに早変わり。日にちが経つほどスパイスも穏やかになっていくので二度美味しい。


20110206_160545.jpg
20110206_135143.jpg
20110206_135114.jpg
20110206_135051.jpg
関連記事

映画「冷たい熱帯魚」

映画「冷たい熱帯魚」。
上映時間約4時間の『愛のむきだし』などで話題となった鬼才、園子温監督による人間の狂気と愛を描いた作品。
実際の猟奇殺人事件に触発された園監督が、
猟奇殺人事件に巻き込まれることになる男性が味わう深い心の闇に迫る。

その猟奇殺人事件の本。↓
すでに絶版ぽいので手に入れるのは難しいのかな?
私はこの手のものが好きな友人から借りました。



映画「愛のむきだし」はその長さとグロさに途中離脱。
なので今回の「冷たい熱帯魚」もすごい見たいということではなかったのだけど、
主人が観たいということと、かなり話題になっているのでミーハー根性で行ってきました。
単館上映ということもあり、立ち見も出る盛況ぶり。
すごい!!
前から二番目の席を確保。
日本語なので字幕の心配がないだけにスクリーン間近でも問題なし。

映画に関してですが、とにかく面白い。
エロ&グロ全開だけど、会場が何度も笑いで包まれました。
緊張と弛緩の繰り返し。
ある意味、観ている側も完全に巻き込まれていきます。
それにしても殺人鬼をどうしてここまで魅力的なキャラとして描けるのでしょう?
監督園子温の腕か?
役者でんでんの腕か?

日本映画も面白くなったきた~!!

336898view002.jpg
関連記事

インド食材屋「グリーンナスコ」

久々の新宿。
映画「冷たい熱帯魚」の予約をしてから時間があったので、新宿ー新大久保を散歩。

新宿は高校生のときに一番通っていた場所。
塾もあったし、土曜日はシェーキズの食べ放題でガツガツ食べたり、
友だちとカラオケにいったり、伊勢丹の屋上でのんびりもした。
当時はあった森永LOVE(ファーストフード)は仲良くなった男子校の生徒たちとの溜まり場だった。
その縁で今でも腐れ縁的な仲間になった。
懐かしい。

久々に花園神社参拝。
どんどん変化していく新宿において変わらない場所。
場所は変わらないけど、とってもキレイになっていました。
昔はちょっと怖かったけど、今はなんだろ~ものすごい気持ちよい。

20110206_044744.jpg
20110206_145641.jpg

大久保方面でインド食材を探していたら、検討違いな場所を探していて、見つからずに歩く歩く。
でも、そのおかげで今の新宿を見て回ることができた。

それにしても、韓国人街の人の多さにびっくり。
韓流は今だに続いているのね。
食材屋も長蛇の列でそれを見ただけで退散。
でも、本当に賑やかで楽しい。
ちょっとした韓国旅行気分に浸れること間違いなし。

そして、本命のインド食材屋「グリーンナスコ」!!!

東京都新宿区百人町2-10-8-101
電話番号】03-5332-5194
※新大久保駅出て徒歩1分

20110206_044528.jpg

インド食材屋は思った以上の品揃え&価格。
イケメン店員が流暢な日本語で色々教えてくれるのでとっても買い物しやすかった。
通うこと間違いなし!!
この近辺に食材屋が他にもあるので要チェックかも。

それにしても本場っぽい店内。
お客もインド人ばかり。
面白い~。

20110206_044611.jpg
20110206_044718.jpg
20110206_044638.jpg

今回は以下のものを購入。

マトン 
ベスン
ひよこ豆
レンズ豆
ギー
アタ粉
グリーンチリ
赤タマネギ

20110206_044425.jpg
20110206_044348.jpg

買い物に大満足した後、新宿方面へ。
昔、主人がイベントをしていたクラブ「PSY」跡地を探してみたり・・・
懐かしい~~!!
昔は「たちんぼ」が結構いたけど、夜になると誰かがまだ立っているのかな???
あまりにも健康的に変化していく大久保界隈。
猥雑感が魅力だったりもするのでちょっと寂しかったりして?!





関連記事

インドカレー教室 in キッチンスタジオ ペイズリー

ベジタブルビーンズコース5回目(キッチンスタジオ ペイズリー )での料理教室。

メニューは、

○パコラ
○キチュリー(インド風のおかゆ)
○カブのカレー
○カロンジポテト
○スパイシーケチャップ

パコラはインドの天ぷら?みたいな感じ。
フリットのような見た目ですが、マメの粉を使っているので食感と味はちょっと違う。
基本的にアペタイザーとして食前酒として食べたり、
パーキングエリアのような場所で売っていて
インド人はこれとチャイで一休みするらしいです。
実験でベーキングパウダーを入れるものと入れないものを作ったけど、
どちらもそれぞれ美味しかった。
豆の粉をダイレクトに楽しむならベーキングパウダーなしの方が良いかも。
軽い食感を望むなら入れた方が良し。
でも、どちらも本当に美味しかった~。
止められない食感と味!!!

パコラを食べるときの美味しさの秘密が、スパイシーケチャップ。
テンパリングしたスパイスを入れて作るのだけど、
これはパコラのためじゃなく色々と使えそうな味です。
もちろんスパイスが入るので日持ちもするということで
これは常備しておかなければ!!!

カブのカレーは、本当にやさしい味つけ。
最小限のスパイスでできるから簡単だし、
今が旬のカブだからこそトロっとした食感になり、それがとっても美味。
キチュリーとの相性も抜群。
体調が悪いときはこういう食事がいいのかも。

キチュリーは以前から飲みすぎた次の日とか
ちょっと体調がすぐれない時などに作っていたので復習になりました。
やっぱりテンパリングの微妙の匙加減で美味しさが決まるのよね。
病後の回復食にも最高なので、風邪を引かない主人に覚えさせて
私が病気の時には作って貰おうと思います。
そうそう、香取先生曰く、病後は肉(特にヤギ)で取ったスープが一番だそうです。
肉を食べるのではなく、肉エキスを摂取。
次回体調を悪くしたら、肉のスープ→キチュリの流れで対応しようと思います。

インド料理はジャガイモのレシピが多いのだけど、
カロンジポテトは東インドの料理。
シンプルながらスパイスの香りや味を堪能できる一品です。
オイルもマスタードシードオイルなので癖があるといえばそうなんだけど、
オイルの香りと味も含めて美味しい!

最近作っていて思うのはインド料理でも東インド料理が好きなのかも?って思う。
やっぱり好みはあるもんだ。
インドカレーと言っても郷土色豊かなのよね。


1296657793701.jpg
1296657764801.jpg
1296657733918.jpg

今回、お教室に行ったらこんなかわいいキッチングッズがありました。

1296657840301.jpg

どこの国の子供もこういうものを欲しがるのね。
道具もインドで本当に使われているものばかり。
本当に良くできているんです!
こういう風にしてお料理に興味を持って、そして、いずれはその日の天気や体調によって
スパイスを使い分けるまでになるんだろうな~。
それにしても、縮尺の割合が適当なのがインドらしい。

食後に香取先生から色々なインドの今昔物語を聞かせてもらいました。
先生の知識量は料理に止まらず、歴史・文化・風俗・政治・宗教まで網羅されていて、
こういう方の話を聞いていると半端ない知識の量に感動します。
ユーモアもあるので堅苦しくない。
話を聞いていて楽しい人ってこういう人なんだろうな~っと改めて思う。
お教室に入ったときもかなり分厚いヨガの専門書?を読んでいらっしゃいました。
探究心は止まることを知らず・・・なんでしょう。
本当に勉強になります!!!
まさに生涯学習。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。