2011年04月

キッチンからボランティア。

私がインド料理を習っている「キッチンスタジオ ペイズリー」の香取先生が、
復興への後方支援ということで津波被害の現地で泥の掻き出しや
がれきの清掃を行っているボランティア(主に大学生たち)への食事提供を始めました。

香取先生の
「みんなでやろう。ボランティアのボランティアがあっていい。
後方支援があってもいいじゃないか。
2重3重4重に助け合って、長いスパンで支援できるほうがいいじゃないか」
「懸命にがれきを片づけている若い子たちが菓子パンだけしか食べてないなんてことを知ったら、
避難所のみなさんだってきっとこの活動を支持してくれる。」
という言葉に賛同して、自分にできるボランティアとして参加させていただきました。
ちょうど、淡路島から取り寄せていた玉葱があったことも今更なんだか縁だな~なんて。

何キロの玉葱を炒めたかはわかりませんが、
お鍋ダブル使いで2日に分けて作業。
飴色玉葱が全部で1.2キロ出来上がりました。

rps20110429_134043.jpg
rps20110429_134113.jpg
rps20110429_134142.jpg



この玉葱炒めを使ってキッチンペイズリーで作っていただくカレーが
私ができないボランティアをやっている誰かの口に入り、
その人の力となって生かされると思うと感慨深いものです。

支援の形は色々あると思います。
ご興味のある方は是非↓ご覧ください。

「インド料理研究家 香取薫 日記」
http://blog.livedoor.jp/curryspice/


mixiではこの支援に関する打ち合わせをするためのコミュニティーができ、
そこで活発に「自分ができること」の申告が交わされています。
「ペイズリーキーマカレー支援会」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5595541
関連記事
スポンサーサイト

イタリア食材祭

イタリア旅行帰りの母から土産を貰いました。
日持ちする食材たんまり。

rps20110427_102814.jpg

チーズ、サラミ、ドライプチトマト、オリーブオイル、
バルサミコ酢、乾燥ポルチーニなどなど。
自宅でイタリア祭り。
その中でちょっと珍しいものがいくつか。

サンタ・マリア・ノべッラのアルメニア紙。
これは、紙に香りがしみ込ませてあって
紙の一端に火をつけて煙をただよわせたり
そのまま香りを楽しんだりする手軽なお香。
そのまま洋服箪笥に忍ばせてみようと思います。
香らなくなったら焼いてみる?かもです。

rps20110427_101050.jpg

そして、ハンドクリーム。
本当にサンタ・マリア・ノべッラの商品の香りの高さには惚れ惚れします。

rps20110427_101023.jpg

そして、缶に入ったこれはナツメグ。
ちゃんとスパイスを下ろすものも付いています。
ナツメグをホールで使うのって初めて!!
どうやら、NHK番組「トスカーナで山暮らし~バッボとマンマとユキちゃんと」でおなじみの
chihoさんが主催する「フィレンツェ田舎のお料理教室」に参加してきたらしいのですが、
そこで使っていたものらしいです。
目ざとい母。
よく捜してきた!!偉い!!!
使うのが楽しみ~。

rps20110427_102633.jpg

ま~とにかく楽しい旅だったらしく、
写真を見ても空の青さ、光のコントラスト強さに心を奪われてしまいました。
この時期のトスカーナーは本当に綺麗です。
食事もどれも美味しそうだったし~~!!
あああ~イタリアに行きたい。
実は、人生で一番行っている外国。
それだけ縁があると勝手に思ってます。

誰かイタリア人と結婚するとかイタリアに移住するとかしないかな?


関連記事

UGUISU

「UGUISU」 in 三軒茶屋に行ってきました。
昔の喫茶店(実はスナックだったらしい)を改装したような店内。
アンティークな内装です。

何度か予約を入れていたのだけど、最近の雑誌掲載などの影響か予約がなかなか取れず・・・
やっと今回行くことができました。
今回は食事を済ませてきてしまったので、ワインとオツマミだけ!
でも、美味しそうなお料理が沢山あったので次回は絶対にお腹を空かせて挑みたいです。

rps20110425_105254.jpg
rps20110425_105321.jpg

実はこのお店で久々の再会がありました。
かれこれ10年ぶり?
いつの間にかお互い結婚していて、随分と歳と重ねました。
私が10代で彼女が20代の前半に出会ってから
当時の彼氏繋がりで良く遊んでいました。
のんびりした佇まいのかわいらしい感じの彼女でしたが、
現在はUGUISUのフロア係としてキビキビ働いています。
とってもボーイッシュになっていて素敵になっていました。
人って変わるものです。
お互いの近況報告もできて良かった。
縁のある人って途切れたとしてもやっぱり繋がっているもんなんだな~なんて思ってみたり。
そういえば、この日一緒にいった友人の1人も縁があって会っているのだけど、
その時はさらりと過ぎ去り、数年経ってから再会してからグっと近しくしているような。
人との縁というものは不思議なものです。

白、赤それぞれお薦めワインをじっくり説明していただき、
堪能させていただきました!!
今まで飲んだことのない味、香りにびっくり!!
ワインって奥深いな~っと改めて思いました。

rps20110425_105347.jpg
rps20110425_105407.jpg
rps20110425_105428.jpg
関連記事

スパイスカフェ

「スパイスカフェ」in 押上に行ってきました。
押上の駅を降りると目の前にスカイツリーがお出迎え!!
天気が悪かったので先端の方が雲で覆われていました。
まだまだ作り途中。
完成したらやっぱり上ってみたいな~(高所恐怖症)

rps20110425_104826.jpg

駅から10分くらい歩くと目当てのお店「スパイスカフェ」があります。
シダが生い茂る外装。

rps20110425_104915.jpg
rps20110425_105008.jpg

入口までスロープがあります。
ちょっとした中庭があってそこに入口がありました。
古民家を改装した建物なのですがとても素敵。
雨にぬれる植物たちも風情があっていいですね。

rps20110425_105034.jpg

夜はコースのみ受け付け。
今回は3名で訪れたので、1種前菜+2種カレー+2種デザート+飲み物のセット(2900円)をオーダー。
前菜は盛り合わせにして、カレーは日替わりを入れて全部で6種類なので全てオーダーできました。

前菜はインド料理というかイタリアンの感じ。
スパイス使いも繊細でスパイス苦手な方も絶対平気!!
インド料理に固執しない広がりがあってとっても良かったです。

rps20110425_105104.jpg

カレーは6種。
野菜のカレー
サンバル
海老のカレー
マトンのカレー
チキンカレー
ホウレンソウとトマトのカレー

実はここのシェフは私が習っている料理教室の先輩にあたります。
味、スパイス使いはもうシェフ独自のものなのですが・・・
しっかり香取先生の遺伝子を受け継いでいるというか
毎日でも食べれるカレーを実践されていました。
本当にどれも美味しいのです。
6種それぞれ個性的な味、スパイス使いなのでまったく飽きない。
混ぜて更に広がりがある世界。
素晴らしいです!!!
ご飯おかわりしてしまいました。

rps20110425_105136.jpg
rps20110425_105157.jpg

スタッフの方もいつも気に掛けてくださってとても居心地が良かったです。
ワインも揃えているので、食後はワインでまったり。
甘いものが苦手な私はデザートの代わりにチーズの盛り合わせをオーダー。
しっかり食べれてゆっくりもできます。

他の2名はデザートを2種類ずつ頼んでいました。
イタリアンな感じ。
ひとくちずつ味見させて貰ったのですがこれがまた美味しい!!
最後の最後までしっかり楽しませてくれます。
大満足。

rps20110425_105232.jpg

コスパ最高!!
また絶対に行きたい~♪
関連記事

リモンチェッロ

イタリア料理を習っている友人から「リモンチェッロ」をいただきました。
今年仕込んだものらしい。
もちろん手作りだし、無農薬ノーワックスで作られたものなのでとっても安心。
色もとっても綺麗です。

「リモンチェッロ」はレモンリキュール。
シチリアとかカプリ島を代表する地酒で、食後に飲んだりするのが定番。
でも、冷やしておけば、いつ何時飲んでもOK。
これらかの季節打ってつけの美味しさ!!
かなりアルコール度数強めなので炭酸で割ってもいいかも!

そうそう、「リモンチェッロ」といえば、イタリアで過ごしたイースター。
イタリア人一族にまみれて本場のイースターを過ごせた思い出は今でも忘れられない。
古典的なイースターの過ごし方は日本人の胃にはヘビー過ぎたけど・・・1日がかりで楽しかったな。
確か、食後に各々が持ち込んだ「リモンチェッロ」を試飲させられた記憶あり。
どれもこれも味が微妙に違くて、アルコール度数を考えずに飲みました。
それぞれが手作りの「リモンチェッロ」を誇らしげに勧めてくる。
そんなイタリア人たちの陽気な笑顔を思い出しました。



関連記事

「藤田新策」展

4月18日(月)〜4月30日(土)
藤田新策展「Illustrated by Shinsaku Fujita」 in 「ギャラリーハウスMAYA&MAYA2」に行ってきました。

油彩とテンペラ絵の具によって精密に描かれたイラスト。
初の絵本「ちいさなまち」の原画やスティーブン・キング、ディーン・クーンツ、
ダニエル・キース、ルブラン、ロバート・マキャモン
宮部みゆき、恩田陸、小野不由美、志水辰夫、江戸川乱歩…など、
書籍装画や挿絵の原画を見ることができます。

rps20110419_150820.jpg
rps20110419_150901.jpg
rps20110419_150841.jpg

初の絵本「ちいさなまち」の原画はこれまでの作風よりちょっと温かい感じのトーンでしたが、
不思議感や不安感を内包していて藤田さんらしい作品。
(次回作は日本の風景がベースにある作品を構想しているようです・・・楽しみ!!)

rps20110419_184804.jpg
rps20110419_184833.jpg

MAYA&MAYA2と二か所に分けて展示されているので沢山の作品を見ることができます。
藤田さんの作品は、ほとんどがA4サイズくらいの小さなサイズなのですが、
そのA4サイズの作品がまるで入口のようになっていて、絵の中にとても広がりがあるように思います。
3Dとでもいうのでしょうか?
ものすごい奥行きがあって見ていると落ちて行くというか吸いこまれていくような・・・
体感できる作品という感じです。

在廊していた藤田さんご本人とも1時間くらいお話することができました。
最近会う人とどうしても、3/11以降の価値観や生き方の変化について
話すことが多いのですが、藤田さんともそういう話ができたことはとっても有意義でした。
マラソンについての話も大いに盛り上がり(藤田さんの体が引き締まっていることに驚愕!!)
季節も良くなったことだし、ちょっと走りだしてみようと思います!
関連記事

皇居散策

「岡本太郎展」を後にした後は、天気も良かったので
美術館目の前にある皇居を散策することにしました。
週末だし混んでいるかな?なんて思っていたら~まったくで拍子抜け。
皇居の周りを走るランナーは多かったけど・・・外国人観光客は多かったです。


皇居はといえば、日本の最強パワースポットと言われています。↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

江戸城であった皇居は、今でいう陰陽師(風水師)であった天海僧正が
東京を守る為の結界を張ったと言われている場所です。
鬼門には、上野寛永寺や浅草寺があり今の皇居を守っています。
北には、日光東照宮があり北極星からのパワーを東照宮を通して皇居に引いています。
そして富士山からは、エネルギーの太いパイプである龍脈が走っており皇居が、
龍のエネルギーが溜まる穴になっています。
皇居こそ日本の龍穴で、皇居の周りには清々しいエネルギーが充満しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに橋を渡ると空間は静寂に包まれてちょっと異次元な感じ。

rps20110417_195122.jpg

私が今回ヤバイくらい気持ち良かったのは、天守閣跡。
あまりにも気持ち良すぎて動けなくなったくらい良かった。
(2時間くらい過ごしたかも?!)
風が体の中を吹き抜けていく感じとでもいうのでしょうか?
久々にお気に入りの場所を見つけてしまいました。

rps20110417_195220.jpg

皇居内には沢山の庭園があるのですが、
どこも春爛漫!!!
ものすごい種類の草花が植えられているんですね。
初めて「山吹」に白い花が咲くものもあると知ったり、飽きないです。

rps20110417_195508.jpg
rps20110417_195159.jpg
rps20110417_195241.jpg
rps20110417_195403.jpg
rps20110417_195429.jpg
rps20110417_195308.jpg
rps20110417_195329.jpg


月曜日、金曜日は閉園。
酒類の持ち込みは禁止。

ちょっと時間のあるときにブラリと立ち寄ってみると
思った以上に心が洗われると思います。

関連記事

生誕100年岡本太郎展

生誕100年岡本太郎展 in 東京国立近代美術館 に行ってきました。
開館時間近くに行けば空いているんじゃないかって思っていたら・・・案の定、混雑。
やっぱり岡本太郎生誕100年企画 NHK土曜ドラマ「TAROの塔」の影響とかもあるんでしょう。
それにしてもすごい人気!!

rps20110417_194937.jpg

入口からべらぼうなオブジェたちに迎えられ。
造形、モチーフ、筆使い、色彩・・・
ご本人が「芸術は爆発だ」「何だ、これは」と表現されていたとおりに
爆発するような吹き上げるような上昇エネルギーを感じました。
相反するモノのぶつかり合うエネルギー!!!
しかし、そこには調和がある。
なにか力を貰ったような、自分の内側が整ったような気がしました。
本物を見るということってこういうことなのでしょう。
とにかく人間の根源的な部分を揺さぶってくる作品群でした。

出口付近では「太郎の言葉」が引けます。
良い言葉をいただきました!!

rps20110417_195003.jpg
rps20110417_195028.jpg

今回は、災害の後だけに以下2点について強く印象に残りました。

『ノン(Non)』
たった一人だけでも、『ノン』という。
時代に逆らう人間がいないといけない。

rps20110417_230500.jpg

『明日の神話』
人は残酷な惨劇さえも誇らかに乗り越えることができる、
そしてその先にこそ「明日の神話」が生まれるのだ。

という岡本太郎の強いメッセージが込められています。


rps20110417_230401.jpg

今回は作品集と一緒に「太陽の塔」をお持ち帰り。
帰りに立ち寄った皇居の天守閣跡地に勝手に建ててみました。
べらぼうな場所にべらぼうなものの組み合わせ。
実物が建ったら面白いんだろうな~。

「太陽の塔」と一緒に手を広げて空を仰ぎ見て
リアル太陽からエネルギーを貰いました。

rps20110417_195059.jpg
関連記事

アヒルストア

前から行きたくてしょうがなかったお店「「アヒルストア 」。
予約は取れないまま、友人が開店時間に先に乗り込んでくれてギリギリ立ち飲みスペース確保。
とりあえず、ビールで乾杯しながら料理&席待ち。

rps20110415_103551.jpg


引っ切り無しにお客さんが訪れては入れずに帰っていく光景を目の当たりにしました。
震災後なのにとっても繁盛しているようです。

カリフラワーのピクルス
ホタルイカと春キャベツのサラダ
鶏と豚のテリーヌ
ハマグリとパクチーの蒸し物
パン各種

ここは手作りパンも評判のお店なのですが(22:30を過ぎればパンだけのお持ち帰りも可能)
しっかりと粉の味がして美味しかったです。

rps20110415_103648.jpg
rps20110415_103709.jpg
rps20110415_103737.jpg

ワインの品ぞろえも豊富。
ビール後は、お店の方と相談して赤ワインを注文。
熟成度があんまりないけど、飲みやすい感じのものでした。
次回はもっと個性的なものを選んでみようかと思います。

rps20110415_103622.jpg
rps20110415_103801.jpg

しっかり、食べて飲んで、もちろんパンもお持ち帰り~。
家でも食べれて二度美味しい!!

rps20110415_103911.jpg

震災以来会っていなかった友人と飲んで話して、泣いて笑って。
とても素敵な時間を過ごせました。
帰り際にハグまでして~~~!!
友情を温めあった夜でした。
ありがとう♪
関連記事

インドカレー教室 in キッチンスタジオ ペイズリー

ベジタブルビーンズコース7回目(キッチンスタジオ ペイズリー )での料理教室。

メニューは、

○パークライタ
○ペパーミント味ポテト
○マサラプーリ
○ダールマカニ
○スパイシートマトサラダ

今回は本当に全部簡単な作業でできるレシピでした。
ほとんどが切って和えるだけ~なのです。
こういうインド料理は手軽で主婦にはありがたい。

「ダールマカニ」はインドでは、ウラドダルを使うのですが・・・
(ウラドダルはペーストにしてパパドやドーサの材料になったりするインドではメジャーなお豆。)

rps20110414_110613.jpg

しかし、今回は日本で手に入り易い小豆を使うことになりました。
小豆カレー。
ちょっと衝撃!
小豆=甘いという固定観念が!!!

でも、小豆ってすごいのね~。

小豆には、100gに対して1500mgという豊富なカリウムが含有されています。
カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄し、
高血圧の予防やむくみの予防などに有効です。
また、ビタミンB1も豊富でこれは脳の働きを活性化したり、
疲労回復・精神安定効果があるといわれています。

さらに、小豆の苦味成分である「サポニン」は抗酸化作用があり、
ガンの予防や老化防止効果があります。
また、このサポニンには、解毒効果があり、
二日酔いなどの解消にも適しているとされています。

他にも、小豆の赤い色素は「アントシアニン」というフラボノイド類で、
これには視力の回復や肝臓機能の向上効果などがあります。

そして、出来上がった小豆の「ダールマカニ」は美味しい!!!
クリームも入るのでコッテリとしてマサラプーリとの相性抜群。
今回は被災後、過食症?状態だったのでプーリを4つも食してしまいました。
ペパーミント味ポテトやスパイシートマトサラダがさっぱりなので付け合わせとしても最高。

rps20110413_224618.jpg
rps20110413_224717.jpg
rps20110413_224643.jpg
rps20110413_224548.jpg

食前に「インド料理研究家 香取薫 日記」でも紹介されている
インドおやつ(スナック)「パーニープーリー」もどき?を今回いただくことができました。
本来は小さいプーリーの中にジャガイモのサブジ的なもの?と
フムス的なもの?とタマリンドで作った汁を入れて食すものらしいです。
胃腸の働きを良くするものなので前菜としてグッド!!!

今回は、日本のお煎餅を代用して作っていただきました。
タマリンドスープのおかげでさっぱり!!
代用品で作っても美味しい!!
インド人なら10個は食べるそうです。
本物の「パーニープーリー」を食べたい方は、
アメ横こと御徒町から上野ヘ抜けるアメヤ横丁のセンタービルの1階にお店があるそうなので・・・。
ぜひ行きたい!!!

rps20110413_224749.jpg
rps20110413_224821.jpg

春が来て~~夏が来る~~~♪
カレーの季節がやって来る~~~~♪
関連記事

サクラの季節

3/11の震災以来、ブログからちょっと遠のいていたような・・・

そんな中、いつの間にかブログを初めて書き初めてから1年経っていました。
2010/3/28から始めたのを今日確認!
飽きっぽい私にしては上出来?!
自分の記録として始めたものだけど
振り返らずに綴ってきてので、1年記念?に読み返してみようと思ってみたけど、
(なにかしらの発見を期待して!)
でも、過去は過去。
過去の自分のブログにその瞬間に書いたコトバ以上のものを感じることはないだろうな~っと!
やっぱりブログも自分も常に「更新」しくのが一番楽しい作業なのだと思う。
日々徒然綴っていきたいなと思います。

そして、周りを見渡せばサクラの季節に足早に過ぎ去っていきました。
今年は沢山の場所で沢山の桜を愛でることができたかも!
ふと、桜を見ながら、ウィンストン・チャーチルの言葉を思いだしました。

「今は終わりではない。これは終わりの始まりでさえもない。
しかし、これはきっと始まりの終わりである。」

rps20110411_152654.jpg
rps20110411_152731.jpg
rps20110411_152845.jpg
rps20110411_152626.jpg
rps20110411_152342.jpg
rps20110411_152418.jpg
rps20110411_152451.jpg
rps20110411_152528.jpg
rps20110411_152601.jpg
関連記事

被災地支援~スクールバッグ~

3/11の東北関東震災からそろそろ一ヵ月。
日々、募金だけではない支援はできないだろうか?と思っていた矢先、
ツイッター上で、「財団法人 日本手芸普及協会」から
被災地の子供たちへ贈る「スクールバッグ」急遽募集という内容を知りました。
被災地では津波の被害で、通園・通学用のカバンがなく、子供たちが大変困っているとの事。
これなら私にもできる!!
早速材料を手配して、友達にもお呼び掛けをしてみたら、
ご縁があって、北海道札幌にある「株式会社カナリヤ」から
端切れの寄せ集めを無償提供をしていただけました。
寄せ集めと言ってもキャラクター含む30種類以上の柄。
スクールバッグに最適です!!
本当にありがたい申し出でした。

rps20110410_205310.jpg
rps20110410_205337.jpg

妹と二人で32個くらい作ることできました。

rps20110410_205456.jpg
rps20110410_205529.jpg

みんなの「私にも何かできないか?」という気持ちが広がっていくのを目の当たりにして感動。
今後もこれに限らず支援の輪が広がっていくといいなと思います。

rps20110410_205416.jpg


改めて、東北関東大震災により被害にあわれた皆様には、心からお見舞い申し上げるとともに、
被災地の一日も早い復旧復興を願っております。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。