2012年01月

ティッシュボックス

母が私の家に遊びに来たとき、目敏くリビングに置いてある
カルトナージュのティッシュボックスを見つけました。
早速欲しいというので年明けから制作。

一度作っていたものなので割と簡単にできました。
以前作ってあげた薬箱と色違いの生地を使っているので
同じ空間に置いてあっても邪魔にならない。

まだまだ、同じ生地が残っているので
ついでにもう一つ作ってあげようと思ってます。

rps20120131_133927_871.jpg
rps20120131_134000_734.jpg
rps20120131_134027_848.jpg
関連記事
スポンサーサイト

インドネシア食堂「ワルンビンタン」

「UPLINK」「国道20号線」を観る予定があったので
開演までの時間待ちに近所をプラプラ~。

「国道20号線」の観た後のどんより加減は半端ないです。
閉塞感。
地方に行けばきっとどこにでもある風景であって、
あの世界感は自分に寄り添っているし、行ってしまうことが簡単過ぎて想像すると怖い。
目も耳も塞ぎたくなるような…リアルだわ。
ホラーより怖い。

top_madness2.jpg

松濤の大豪邸を観察してみたり!
近所のレストランを物色してみたり!
そんな中で、「全身カレーな人々」を見ていて気になったいたお店、「ワルンビンタン」を偶然にも発見!!

映画の後に早速訪問してみました。
「ワルンビンタン」はインドネシア料理店です。

rps20120130_103426.jpg

屋台を感じさせる外装。
ネオンがキラキラしています。

rps20120130_103508_983.jpg

内容はキッチュでポップ!
壁の至る所に色々なものが沢山飾ってあります。
この雑多感がアジアなのよね。

rps20120130_103733_401.jpg

ビンタンビールで乾杯。

rps20120130_103839_737.jpg

悩ませる料理の数々。

rps20120130_103802_296.jpg

鰆を使ったフィッシュケーキ。
大根もちのような感じだけど、弾力がすごい。
魚風味のお餅かな???

rps20120130_103654_397.jpg

ふわふわのオムレツ。
香菜の風味と外側のパリパリな食感GOOD!!!

rps20120130_103623_575.jpg

そして、インドネシアといえば「テンペ」。
「テンペ」は、大豆などをテンペ菌で発酵させた醗酵食品。
最近だと自然食品屋とかでも気軽に買うことができます。

「テンペ」とエビの炒め物。
「テンペ」特有の香りが抑えられていて食べやすかったです。

rps20120130_103549_138.jpg

そして、ナシチャンプルー定食。
これを見るとスリランカや南インドを感じる。
航路でつながっていたのだから似たものもありそう。

混ぜ混ぜしていただきました。
単品でも美味しいけど、混ぜて更に美味しくなる感じも好き。

バリ島には行ったことあるけど、
クリスピーダックやナシゴレン、ミーゴレン、ガドガドとかのベタな料理して覚えてない。
インドネシア料理はインドネシアの多民族文化を反映し、
バリ料理、ジャワ料理、スンダ料理、マカサル料理、マナド料理、パダン料理、バタク料理
などの各民族の料理を包含するらしい。

興味出てきた~!!!

rps20120130_103909_961.jpg
関連記事

UGUISU in 三軒茶屋

女だらけの新年会ということで近所の「uguisu」を予約。
人気店のため入れるのが遅かったのでとりあえず自宅集合。
生憎の極寒の天気でご足労掛けました。

仕事帰りの子もいたのでとりあえず「カレー」でおもてなし。

後から知ったのだけど、ベジタリアンな子もいたので
肉メインの料理にしなくて正解でした。

今回のメニューは、

根菜のサンバル
大根のポリヤル
砂肝のマサラ炒め
サンボル

rps20120123_121444.jpg

組み合わせ的にも本当に優しいお味。
アーユルベーティック的にも冬に良いレシピです。

家飲み後、極寒の中を「uguisu」へ徒歩で移動。
家飲みで摂取したアルコールはあっという間に蒸発!
飲みなおせるから全然オッケー!!!

今回は白ワイン二本出していただきました。
どちらもソーヴィニヨンブランを使ったものです。
ソーヴィニヨンブランを使ったワインは私の好み。

一本目はパッションフルーツと青りんごを感じさせる爽やかな飲み口。
華やかです。

rps20120122_145744_938.jpg

二本目は微発砲系でしっかりとした感じがあってこれも飲みやすい。

rps20120122_150041_318.jpg

ここはお料理も美味しいです。
アンチョビー入りのオリーブ。
オイリーで美味しい!

rps20120122_145822_221.jpg

ピクルス。

rps20120122_145856_899.jpg

ゆず風味のレバーパテ、テリーヌ・カンパーニュ、豚肉のリエットの盛り合わせ。
どれも美味しいけど、ゆず風味のレバーパテは勉強になりました。
豚肉のリエットの脂感が最高!!
豚肉の脂って・・・すごいな~。

rps20120122_145929_618.jpg

そして、サラダ。
このサラダがまた美味しかった。
スパイスで煮込んだリンゴとゴルゴンゾーラ、マッシュルーム、葉野菜のマリアージュが最高!!
これまた勉強になりました。

rps20120122_150009_500.jpg

発見がある食事って本当に楽しい♪
食後に出されるプチマドレーヌも美味しい!

次はお腹を空かせてメイン料理も堪能したい。
「uguisu」は、終電気にせず飲める場所なので本当にお気に入りです。

その後、自宅に戻り飲み直し・・・
一人・・・また一人と・・・ホットカーペットの上でいつの間にか川の字で就寝。
合宿のような楽しい一夜でした。

また遊びにきてね~♪

関連記事

福蘭 in 外苑前

10年ぶりくらい???もっとかな???
久々に「福蘭」in外苑前に行ってきました。
ワタリウム美術館に行ったらここに寄るコースが定番だったような・・・。
タイミング逃すと満員で入れないので早い時間を狙って行くのが大切。

佇まいはまったく変わらず。
入口の自動ドアが壊れているので手動になっているくらいの変化?!

お酒も瓶ビールと日本酒とジュースしかありません。
瓶ビール飲むのも久々。
でも、こういうお店には瓶ビールが合う!

とりあえずビールと豚足。
ムチムチの皮がトロッとして本当に美味しい。
コラーゲン摂取!!!

rps20120122_145420_621.jpg

そして、揚げ煮のような餃子。
食感がいいです。
「福蘭」の餃子!
どことも比べようがない。

rps20120122_145528.jpg

焼売も独特。
ホロホロで崩れやすいけど、口に入ればフワフワで優しいお味。
さっぱりしているのでいくらでも食べられる。

rps20120122_145600_874.jpg

そして、〆はワンタン麺。
ここのってなんか味薄いのよね~。
なんでだろう?
餃子のタレを個人的に加えてみたり・・・。
豚足と餃子でベトベトした口と喉には爽やかで良いのかしら?
食後さっぱり感はあります。
酢とか加えれば良かったなんて・・・後の祭りですが・・・。

rps20120122_145643.jpg

相変わらずのお味で忘れた頃に食べたくなること必須。
会社から近いのでまたぶらりと寄ってみます。
関連記事

カタツムリ含有化粧品

ここ数年愛用しているジュリークのハーバル バランシングジェルが無くなりそう。
同じものを買ってもいいのですが・・・そろそろ元来の浮気癖が・・・。

前から気になっていたカタツムリ含有化粧品。
かたつむり粘液には、、「コンドロイチン」という成分がお肌の老化防止、
弾力強化、細胞外壁の水分代謝調整、栄養素吸収促進、
傷週副作用のあるアラントイン、コラーゲン、エラスチンなど
美肌成分などがたっぷり含まれているようです。

色々調べてみて気になったのが、この3つの商品。

ジャミンギョン クレーマカラコル

イッツスキン プレステージクリーム エスカルゴ

トニモリ インテンス・リペアライブ・スネイルクリーム

カタツムリ含有量や香料や鉱物油フリーなど総合的に考えてみたらトニモリが一番好み。

結局、カタツムリ成分80%含有の美容液
「スネイル・エッセンスセット(クリーム付)」を購入。
クリームもセットだったのでどちらも試せてお得。

美容液自体の使用感は液体ので粘度がすごい!!
これがカタツムリ???なんて想像してみたり?!
ボトルがスポイト状で使い難いのが難点。
塗心地はベタっとせずサラサラ。
保湿効果はあまり期待できないです。
クリームを塗れば保湿面は私的には問題なし。
(美容液に保湿効果をあまり求めてません)

そして、効果は???

肌のキメが整う感じでモッチリとした質感。
肌のトーンが上がるような?!
使い続けてどうなるのか楽しみ♪

ニキビ肌にも効果あるようなので妹にもすすめてみよう!

rps20120116_110822_249.jpg
関連記事

ジンジャーコーディアル

電気代も1万円超えした今日この頃。
冷えますね~。
お酒も冷たいものは敬遠中。
だったら飲まなきゃいいのけど、
寒さを凌ぐためという言い訳をしつつ飲む一杯。

本来なら苦手なウィスキー。
ジンジャーコーディアルとお湯を加えて飲むホットウィスキーが最近のお気に入り。
ジンジャーとレモンが入っているのでとっても飲みやい。
もちろん一口飲めばポカポカ。
ウィスキー好きな人にこんな飲み方しているのを言ったら
叱られそうですが、とっても美味しいです。

当分これで温まる日々が続きそう。

rps20120115_215037_588.jpg
関連記事

カレー始め。

やっと日常が戻ってきて、
年末年始の食べ疲れ?食べ過ぎ?からも抜け出し、
や~っと今年初めてのカレー作り。

何を作ろう?

やっぱり初心忘るべからずっということで、
メインのカレーは「キーマ」に決定。
「キーマ」は日本人が大好きだし、バリエーションも豊富。
でも、今回は基本に立ち戻りシンプルなレシピ。
シンプルなレシピだけにスパイスや素材の扱い方が露骨に出る。
一つ一つの行程を確認しながらの作業。
改めて料理は素材はもちろん、作り手の手間が左右すると思う。

ちょっと残念だったのがトマト。
やっぱり旬のトマトに比べてトマト自体にパンチがない。
そのかわりに他の部分でコクや甘みをプラス。
そうやって素材が出す味を感じて調整することが大切。

rps20120114_214502.jpg

カレーと言っても夏だけのものではない。
インドだって北に行けば寒いのです。
冬の野菜を使ったレシピもあります。

冬が旬のほうれん草使ったカレー。
野菜自体の美味しさを損なわないようなレシピ。
ほうれん草の青がくすまないように二度手間の調理。
フェヌグリークの葉っぱ「カスリメティー」の香りがそそる。

rps20120114_214437_853.jpg

里芋のポリヤル。
ねっとりした里芋も南インドの香ばしいスパイス使いが決めて!

rps20120114_214403_120.jpg

大好きな人参のサラダ。
今回は、ライムアチャールとマンゴーパウダーで酸味のアクセント。
人参の甘みアップ。

rps20120114_214308.jpg

三つ葉のサンボル。
スリランカ料理のレシピを使用。
ココナッツの風味と三つ葉の香りがなんともいえない組み合わせ。

rps20120114_214231_995.jpg

2012年初ターリー。

※インドの定食と言えば、ターリー。
まん丸、あるいは四角い皿にいくつかの敷居があって、
それぞれご飯やチャパティー、カレー数種などが盛られる。

ぐちゃぐちゃ混ぜて新たな味を作りだしながら食べる瞬間、新しい味の発見をする。
味覚→脳への刺激絶大!

覚醒!!!

本当の意味でのお正月ボケから脱出しました。

rps20120114_214546_129.jpg
関連記事

明治神宮初詣

毎年のことですが、
新年は私の実家(千葉)→主人の実家(福島)と慌ただしい日々です。
やっと東京に戻ってきて落ち着いてきた頃に夫婦二人での初詣に行きます。
縁あって神前式を挙げさせてもらった「明治神宮」。
ここ数年は厄払いでもお世話になっています。

この日は成人式ということもあってかなりの混雑。

rps20120111_163707.jpg

明治神宮は境内が白い石で作られているせいもあってか
場が発光しているような明るさです。
光に包まれている~!!!

rps20120111_163745.jpg

都会のど真ん中なのに高い建物が一切ない。
森の中にある神社。
素晴らしいロケーションです。

rps20120111_163811_119.jpg

成人式で着飾った女性たちもそれぞれ美しく、見ていて飽きませんが・・・
やっぱり花嫁さんは一番輝いていました。
(※実はあまりの混雑に主人が迷子に・・・携帯も通じなかったので
探しがてら色々な人たちを眺めていました。)
自分の時も参進したのですが、着物の重さと緊張であまり覚えていません。
何度見ても参進は素敵だと思います。
この参進がしたくて「明治神宮」で式を挙げたかったのです。
この風景を見る度にここで神前式を行えたことに感謝しています。

rps20120111_163837_969.jpg

厄払いも済んで、今年初めてのおみくじを引きました。
吉凶が占うものではなく「大御心」という明治神宮独自のおみくじです。

「大御心(おおみごころ)」は、明治神宮独自のおみくじです。
他の神社で見られる吉凶を占うおみくじではなく、
御祭神である明治天皇さまの御製(ぎょせい=天皇の作られた詩文・和歌)93、032首、
昭憲皇太后さまの御歌(みうた=皇后・皇太后・皇太子などのよまれた和歌)27、825首より、
特に人倫道徳の指針となる教訓的なものを15首ずつ、
合計30首選び、それに解説文を付したものとなっています 。

rps20120113_113205_880.jpg

私の引いた「大御心」は、

「どんな立派な宝石や真珠でも、磨かないで生地のままでは、
あの美しい光は出て来ないでしょう。
人の心も、それと全く同じはずで修養練磨を怠ってはなりません。」

人は努力を惜しまずに、毎日自己を磨き鍛えることによって
苦しき辛きに打ち勝つ立派な人に成長し、正しい道を歩むことが出来ます。
(磨かざれば光なし)

でした。
精進いたします。
関連記事

お正月の過ごし方

毎年お正月の1.2日は実家で過ごします。
大晦日から帰ってきて上げ膳据え膳の生活。
おせち料理も手伝わず・・・。
食べるだけです。
一応、お世話になるためにワインを半ダース贈りつけてみたり!
自分で飲む用なんですけどね。

数年前に心筋梗塞で倒れた母を労わって
退院後からお節料理はお取り寄せしていましたが、
今年はがんばって作ってくれました。
作ってくれるのは有り難いことです。
家庭のお節料理はやっぱりやさしい味で飽きないのです。
一年に一回、お節料理でしか食べないものがあります。
毎年新しい料理にもチャレンジするようで
人気があれば次の年にもお目見えしますが消えていく料理もあります。
大好きな「やつがしら」の煮物は定番に入っています。

rps20120104_015813_253.jpg

一種類ずつ食べるだけでお腹いっぱい。
更にお雑煮やお汁粉!
(お雑煮苦手な私と兄はお正月にお汁粉を食べます。)

rps20120104_015839.jpg

年明けすぐに近所の神社に初詣に行くのですが、
2日にうちの主人も含めて家族総出の初詣は「柴又帝釈天」と決まっています。

rps20120104_014715_202.jpg

矢切方面から渡し船に乗って江戸川を越えます。

rps20120104_014805_232.jpg

昔は祖母がいたり、愛犬が一緒だったり・・・
人も入れ替わるように、風景も少しずつ変化しています。

rps20120104_014743_141.jpg

毎年ですが、「帝釈天」の人出の多さにびっくり。
手洗いするにも長蛇の列。
さすがにおみくじの列に並ぶ気力はありませんでした。

rps20120106_161126.jpg

参道もすごい人ごみです。

rps20120104_015056.jpg

参道の途中にお目当ての「吉野家」があります。

rps20120104_015025_673.jpg

色の濃い草団子を売っています。(もちろん無添加)
寅さんの撮影で使われた「高木屋」が有名ですが、
美味しさで言えば「吉野家」だと思います。
ヨモギの味が濃いのです!
熟練のおばさんたちが手際よく一口サイズにちぎって箱詰めしています。
その手際の良さを見ているだけでも楽しいです。

rps20120104_014959_631.jpg

食べることばかりですが、
参道と並行した道には屋台が沢山並んでいます。
そこで昼食を食べるのも楽しみ!
義姉と姪っ子は杏飴に夢中。
姪っ子の杏飴を一口かじらせて貰うのにどんだけ渋られたか・・・。
食い意地の張り合いです。

そして、江戸川河川敷では凧上げをします。
姪っ子がやりたいと言っていたのに楽しんでいるのは大人たち。

rps20120104_014849_332.jpg

風が強い場所なので本当に高くまで凧が上がります。

rps20120105_114113_880.jpg
rps20120105_113959.jpg

毎年同じだけど、去年の災害のことを思うと
同じようなお正月を穏やかな気持ちで過ごせるのは本当に有り難いことです。

今年もみんな元気に楽しく過ごせますように!!!

関連記事

こびとの抜け殻発見!

ここ数カ月、こびと三昧な姪っ子。
幼稚園でもこびと捜索隊隊長として活躍。
引き続き、段ボールでの罠を色々な場所に仕掛けてみたり・・・
木々がある場所を捜索したり・・・
でも、こびと発見には至りませんでした。

しかし!

お正月の朝!!!

な~んと姪っ子が実家の庭で「こびとの抜け殻」を発見!
クリスマスローズの群生している場所に脱ぎ捨てられていました。
草を分け入って探すことをしていなかった姪っ子には盲点な場所だったようです。

rps20120104_015506_747.jpg

まったく怖がらずに手を出します。
ものすごい得意げ。

rps20120104_015443_643.jpg

もちろん「こびと大百科」にある通り、
牛乳に浸して抜け殻の臭みを除去。

rps20120104_015606.jpg

乾燥させればこびとの抜け殻の標本完成なのですが・・・
どうやら、この抜け殻でこびとを誘き出せると思っているらしく、
首輪?をつけて近くの森へこびと探しに出かけました。

rps20120104_015535_794.jpg

こびとに遭遇できる日は間近か?!



関連記事

七変化

大晦日はNHKの紅白という方も多いと思いますが・・・
今年はそのテレビ画面を背景に姪っ子のショーが開催されました。

日めくりカレンダーとセロハンテープで制作した数々の衣装。
アクセサリーも充実しています。

rps20120104_015254_775.jpg

和装あり。

rps20120104_015156_456.jpg

ウェディングドレスに見立てたドレスあり。

rps20120104_015225_731.jpg

ガガのような帽子あり。

rps20120104_015343.jpg

小さな手から作り出される数々の作品?!には驚き。
しかも、歌が・・・ポエム?・・・。
手当たり次第に見たもの、感じたことを歌います。
みんな大爆笑!
ディスっている内容もあるのです。
子供ってよく観察しているんですね。
改めて面白いな~っと思います。
紅白より見応え十分!
楽しい大晦日を過ごすことができました。
小学校に上がったら更なる進化を見せるのか?!
楽しみです。
関連記事

HAPPY NEW YEAR 2012

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。