スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根元宮

今年は年女で厄年だな~・・・なんて思っていた矢先に
友達と禊がてら箱根温泉旅行でも行こう!っということになりました。

予定を合わせていたら・・・偶然にも九頭龍神社の月次祭の日に当たることが判明。
なんか呼ばれているよね~なんてテンション上がり捲り。

箱根は何度も訪れている場所なので今更観光メインとかではなく、
箱根の神社を訪ねて、温泉でのんびりするプラン。
滞在先も便利な箱根プリンスにしました。
これがまた大正解!
小田原駅からは送迎あるし、食事美味しいし、客室は広くて綺麗。
今回の旅を盛り上げてくれました。

基本晴れ女だけど、今回の天気の良さには感謝!
気が晴れるとはこういうことなのか?ってくらい素晴らしいお天気でした。

一日目は今回の旅で一番行きたかった場所「箱根元宮」。

箱根プリンスのある箱根苑からロープウェイで駒ヶ岳山頂へ。
ロープウェイからもの景色も絶景。

富士山!

rps20120215_104459_149.jpg

芦ノ湖!
遠くには駿河湾。

rps20120215_104420_827.jpg

相模湾!

rps20120215_104847_396.jpg

ロープウェイを降りると遠くに「箱根本宮」が見えます。
天空にある神社。

rps20120215_104346_379.jpg

「箱根元宮」の由来:
駒ヶ岳は北に霊峰神山を拝し、古代祭祀=山岳信 仰が行われたところ。
その起源は、今から凡そ2400年前、
人皇五代孝昭(こうしょう)天皇の御代、聖占仙人(しょうぜんしょうにん)が
神山に鎮まります山神の威徳を感應し、駒ヶ岳山頂に神仙宮を開き、
次いで利行丈人、玄利老人により、神山を天津神籬(あまつひもろぎ)とし、
駒ヶ岳を天津磐境(あまついわさか)として祭祀したのに始まる。

rps20120215_104603_722.jpg
rps20120215_104635_702.jpg

史跡「馬降石(ばこうせき)」
注連縄を張ってあるのは馬降石といい、
白馬に乗って神様が降臨(こうりん)された岩と傳えられる。
石の上の穴は降馬の折の蹄跡で、
穴にたまる水は旱天にも枯れたことがないと傳えられる不思議な岩。

rps20120215_104734.jpg

「馬降石(ばこうせき)」の横に狛犬とお稲荷さんのコラボ。
親子みたい。

rps20120215_104915.jpg

このお稲荷さんがとってもかわいい。

rps20120215_104948_810.jpg

そして、「箱根元宮(もとつみや)神社奥宮」!
空の青さと鳥居の赤が・・・・素晴らしい!!!

rps20120215_104703_512.jpg

駒ケ岳(1327m)より望む富士山。

rps20120215_104823_321.jpg

あまりにも素晴らしいので3時間ほど滞在しました。
富士山が見える風景というのはどうしてこんなに魅力的なのでしょう。
富士山への信仰的な気持ちは日本人のDNAに刻み込まれているような気がします。

これほどにない充足感で下界に降りた私たちは・・・
チェックイン後に即ワインを一本空け、気分良く温泉に浸かったはいいけど・・・
湯あたりというか・・・気持ち悪くなってしまいました。
入浴後にあんなにめまいするなんて初めてです。
気を付けましょう~!
(※基本的にお酒を飲んで温泉に入るのはNGです。)

なんとか6時のディナーには復活し、さっきまでの気分の悪さはどこへ?
というくらいお料理を堪能しました。
食事後も部屋でワインを飲み・・・温泉に入ったり・・・
次の日も6時半起床で九頭龍神社参拝予定があるのに夜中の2時にやっと就寝。
なんだかパワフルな一日でした。

~続く~

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。