スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャバナプラーシュ(chyawanprash )

チャバナプラーシュ(chyawanprash )は、インドの健康食品の中でも有名らしく、
インド人が毎日摂っているらしいです。
本当かな?
蜂蜜や色々のスパイス
(アムラ、アシュワガンダ、シナモン、カルダモン、バンウコン、
アルジュナ、蜂蜜、ギー、ごま油、こしょう、ベルノキ、ハマビシ、ハマスゲなど)
が入っていて、それを一日小さじ2摂取。
甘味・酸味・刺激味といった3つの味を持っていて、
アユールヴェーダが考える体質(ドシャ)の全てに良い効果があるので
誰が取っても健康に良いみたいです。
免疫力向上、栄養補給、脳細胞の活性化、老化防止、血液浄化
肝機能の向上、消化、吸収、 皮膚の改善、心臓にも良く、子供の咳、喘息など・・・
説明も読むと万能ですね〜。

アムラのビタミンCはレモンの10倍、オレンジの20倍
熱にも壊れないビタミンCだそうです!
すばらしい♪

そんな良いものはいただかないと!
っということで遥々アメリカから個人輸入。

とりあえずジャムのようにパンに塗っていただきました。
(ミルクに混ぜて飲むと良いらしい。)
清涼感のある甘さ。
スパイスの香りが上品なので抵抗ないです。
甘いものが苦手なので、スパイシーなジャムと思えばこちらの方が食べやすいかも。

見た目が海苔の佃煮。
粘度が高いので、夏場の常温でもかなり固めでパンに塗るのもちょっと大変。
冬場はどうなるのでしょうか?
朝食を取らないので、朝食代わりに地道に摂取してみます。

rps20120917_111930.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。