スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南インド式アーユルヴェーダ料理 in shaghun

南インド式のアーユルヴェーダのコース料理が食べれるということで
溝の口にある「シャグン(shaghun)」へ行ってきました。
駅から徒歩5分。
看板も大きく、照明もピカピカの外観。

PhotoGrid_1354153256222.jpg

行く前には
「ビールは飲めるのか?」
「量は足りるのか?」
など心配をしていましたが・・・
席に着くと・・・白湯が配られました。
要らぬ心配。
だいたい、ビールを飲もうなんて
アーユルヴェーダ的にNGなので当たり前ですよね。

アーユルヴェーダのコースメニュー。

20121129111149_00001.jpg

まず、食前に生姜+岩塩+レモンを食べます。
これは料理教室でも食前に食べているのですが、
消化を促進します。

PhotoGrid_1354152995303.jpg

アーユルヴェーダの6つの味覚「甘味・塩味・辛味・酸味・苦味・渋味」があり、
意外なことに消化力のある始めに甘いものを食べます。

・食事のはじめ  - 重い、油っぽい、甘い
・中盤      - 酸っぱいもの、塩辛いもの、
・食事の終わり  - 軽い、乾燥した、苦い、渋いもの


キール。
ココナッツミルクで煮込んだ甘いおかゆです。
ドライフルーツとナッツの食感、
カルダモンの風味があるので美味しかった。

PhotoGrid_1354153014443.jpg

ヨーグルトかけごはんピクルス添え。
南インドのカード(ヨーグルト)ライス。
クミンとミントの風味で乳臭さが消えて爽やかにいただけます。
これを食べると塩味のヨーグルトは美味しい。
トルコのアイラン(塩味のヨーグルトドリンク)と似てるという話になりました。

※ライスを食べ過ぎないようにと店主に注意される

PhotoGrid_1354153295288.jpg

ココナッツチャトニ(ペースト)
イドゥリ(お米の蒸しパン)
サンバル

PhotoGrid_1354167039669.jpg

ラッサムとパパド。
濃厚なラッサムはかなりお気に入り。
コースの中で一番パンチのあるスパイス使いでした。
ご飯を入れて雑炊風に食べても美味しかった。

※この時点でお腹いっぱい。

PhotoGrid_1354167068986.jpg

緑豆のカレーとチャパティ。
緑豆の食感がプチプチして面白いカレー。

PhotoGrid_1354153210355.jpg

インドの有名なデザート「グラブ・ジャムン(Gulab jamun)」。
ミルクで練った丸いドーナツを油で揚げて、
カルダモンを利かせた大甘のシロップに漬けたもの。
脳天を貫かれるくらいものすごい甘い!
シロップをスプーンで絞っていただきました。
一個?いや、半分食べれば十分!
好き嫌いが分かれるデザート。
基本、チャイは甘いのが好きなのですが・・・
デザートと一緒に出てきたチャイ(砂糖抜き)に癒されました。

PhotoGrid_1354166888552.jpg

7ステップ全コース・・・ボリューム感。
炭水化物の量に驚きますが・・・満足度高い食事ができました。
アーユルヴェーダの料理を出すところは少ないというか
都内でここ一軒くらい?
アーユルヴェーダの料理をもっと気軽に食べれるといいな~と改め思います。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。