スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都〜食事編〜

今回の京都旅行は三泊四日。
うち1日は結婚式で身動きが取れない。

自由気ままに食事ができるのは、
初日の昼と夜。
3日目の朝、昼、夜。
最終日の朝、昼。

行きたいお店が多い中、調べたり、おすすめを聞いたりして
満足いく予定が立て事前に予約できるところは予約。
どんだけ、食べることに必死なのでしょう。

初日の朝食は新幹線の中でサンドウィッチ。
これは両親がそこらへんで買ったもの。
あ〜〜〜〜、1食分が・・・・。
まあ、朝7時前ですからしょうがない。

そのかわり、初日のお昼からちょっと豪華に!
蕎麦ぼうろで有名な、「そば茶寮 澤正」
暖簾の染め抜きもシンプルで素敵。
和洋折衷の店の造り、室内のしつらえ、使っている骨董の食器の数々・・・。
好みです。

PhotoGrid_1368797695629.jpg

地元山科の神田農園から毎朝届けられる新鮮野菜を使ったお料理の数々。
料理毎に料理人が説明をしに来てくれる丁寧な接客。
3800円というリーズナブルな価格。
どれをとっても大満足。

観光で沢山歩いた後だったので、お酒もすすみました。
季節毎に訪れたい場所。

PhotoGrid_1368162074938.jpg

その日の夜は、次の日の結婚式が京会席と決まっていたので、インド料理。
京都でインド料理!!!
かなり楽しみにしていました。

「インド食堂TADKA」
カフェっぽい作りのお店です。

PhotoGrid_1368797519843.jpg

南インドカレー中心にセレクト。
盛り合わせ的なプレートもあるので少人数でも色々と楽しめます。
インド×中華のようなチャーハンが美味しかった♪

PhotoGrid_1368797503318.jpg

二日目は朝から着付けやヘアセットで忙しいことを考えて、
前日に買っておいた「まるき製パン所」のロールパンサンド。
今回は、
クリームパン
ハムロール 
あんロール
を購入。
夕方だったので品数が少なかったかも・・・
でも、お目当ての商品はゲットできました。

東京でいうならば、「ペリカン」のパン的な美味しさ。
ふわふわで軽くて、いくらでも食べれる美味しさ♪
次は、早い時間に行って色々と買い占めたい。   

PhotoGrid_1368797664117.jpg

結婚式の披露宴→二次会→三次会・・・長丁場でした。
二日酔いを回避して、迎えた3日目の朝は、
早起きしてホテルからほど近い「スマート珈琲店」へ。

朝早いのに地元の人も観光客もぞくぞくと訪れます。
珈琲はすっきりさっぱりとしたお味。
お水が美味しいから透明感のある味が出せるのかな?

期待していたホットケーキは割と普通。
感動したのが厚切りのフレンチトースト。
周りがサクッとして、中はシュワシュワな食感。
最高♪
家ではマネできません。

PhotoGrid_1368797251516.jpg

3日目のお昼は、立ち寄った「かみ添」の店主に教えて貰った「スガマチ食堂」
カフェ的な雰囲気のお店です。
一汁三菜 玄米か白米のごはんつきです。
素材を行かした京都の家庭料理。
丁寧に作れている感じに好感が持てました。

PhotoGrid_1368796815682.jpg

夜は、絶対に行きたかったお店!「福松」へ。
地元の人から支持されているお店だそうです。
もちろん予約必須。
京町屋造りの店先には小さい表札のみ。
そして、カウンターのみの店内は少し緊張感あります。
(写真撮るのも憚れました。)
まずは、『一汁三菜』の料理が出てきます。
それで足りない場合は、アラカルトでオーダー。
この『一汁三菜』1500円のボリュームとクオリティーに感動。
本当に美味しくてアラカルトメニューも制覇したい勢いでした。
(居酒屋並みの値段にびっくり!)
お酒の品揃えも楽しく、
お酒が進んで口が軽くなった頃にはお店の方とも打ち解けることができ、
図々しくも、だし巻き卵の作り方も目の前で披露していただきました。

気づけば日本酒を二人で6合くらい飲んでいたかな?
紹興酒のような熟成した日本酒「鉄砲隊」。
ものすごく好みでした。

最後の夜にふさわしいお店で食事もお酒も堪能。
次に京都に行く時にも絶対に行くと決めたお店です。
京都に行く人には絶対に行って貰いたい。

PhotoGrid_1368797379874.jpg

楽しくて美味しいと深酒しても二日酔いにならないのでしょうか?
最終日の朝は、「イノダコーヒ 本店」へ。

基本はミルク・砂糖入りコーヒーなのですが、ブラックで注文。
にがみのしっかりある濃厚なお味だったので
ミルクコーヒーにしても良かったかも?!

朝食に「京の朝食」と「ロールパンセット」を注文。
ロールパンには海老フライが挟んでありました!

中庭を望める席だったので気持ちよかったです。

PhotoGrid_1368796730926.jpg

最終日のお昼は気合を入れて、
お昼を食べるためだけに平安京近くまで移動。
まだまだ未開発?な場所にあるお店「セクションドール」

メニューは、 小さな木箱に書かれたタンドリーチキン1800円のみ。
シンプルでおしゃれな店内。
カトラリーは、ラギヨール。
店主のこだわりが、ビシビシ感じられます。

特製のスチームオーブンで焼かれたチキンは、外パリで中ジュワー。
肉汁が滴るほどしっとりしています。
スパイス使いも塩分もとっても上品。
添えられているお野菜もパンも美味しかったです。

タンドールで焼いてないので厳密にはタンドリーチキンではないと思うのですが・・・。
イメージ的には、インド料理というより、フランス料理。

PhotoGrid_1368796624028.jpg

そして、最後の最後まで手抜きありません!
京都を去りつつ、新幹線内で「いづ重」のいなりずし。
実は、いなりずしが大好きなのです。
味付けはあっさり甘めで、柚子の香りと麻の実の食感が楽しい♪
1人で5つも食べてしまいました。

PhotoGrid_1368798175094.jpg

しっかり三食、三泊四日。
甘党ではないので間食なし。
でも、すっかり丸くなって東京に帰ってきました。

幸せ太り。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。